ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳会談を行った。最重要課題である北朝鮮問題に対しては共同で対処していく方針を確認したが、米国側は朴新政権の方向性を完全には掴み切れておらず、とりあえずは両首脳の個人的関係を構築するという様子見の会談となった。

 首脳会談は7日の午前から昼食を挟んで行われた。午後に行われた共同記者会見でオバマ大統領は「北朝鮮はすでに孤立しており、危機を煽って譲歩を引き出す時代は終わった」と述べ、北朝鮮の恫喝外交を非難した。その上で朝鮮半島の非核化を行い、北朝鮮はミャンマーのようになるべきであると強調した。

 一方朴槿恵大統領は、北朝鮮の挑発を容認しない姿勢を明確にする一方、自身が提唱してきた対話や人道支援を通じて南北間の信頼構築を目指す「朝鮮半島信頼プロセス」の実行も含めて「米韓共同で問題解決の努力を行う」とした。

 北朝鮮問題に対して共同で対処するという方針では一致しているものの、米韓両国には微妙なスタンスの違いが見られる。
 米国は朝鮮半島の非核化が最重要課題であり、その上で、北朝鮮の経済開放を求めている。基本的には米朝の直接交渉で事態を打開したい考えだ。一方韓国側は「朝鮮半島信頼プロセス」という朴槿恵政権独自の対話路線も念頭に置いている。

 朴槿恵氏は、かつての軍事独裁政権下の大統領・朴正熙氏の娘である。朴正熙氏は旧日本軍との関係も深く、朴槿恵氏には日本統治下の人脈も含めて独自の北朝鮮ルートがある。米国側は、朴槿恵氏について、李明博前大統領とは異なり、理論家ではなく現実主義者として理解している。このため、独自の外交的動きが出ることを警戒している。

 また米国が強くこだわっているのは、朝鮮半島の非核化であって、北朝鮮の非核化ではない。米国と韓国は現在、米韓原子力協定の改定をめぐって対立している。米国は核技術が韓国を経由して流出する事を警戒しており、韓国が独自にウラン濃縮や核燃料の再処理を実施することを望んでいない。結局、米韓首脳会談に悪影響を与えることを憂慮した韓国側が折れ、協定は現行のまま2年間延長されることになった(本誌記事「韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に」参照)。
 韓国も含めて、核開発を一切封じ込め、北朝鮮の経済開放を主導したい米国と、独自の対話路線と核開発を進めたい韓国で微妙な利害の対立があるのだ。

 今回の首脳会談は、両国の方向性の違いが表面化しないよう、無難な範囲での意見交換に終始した模様。米国はすでに北朝鮮との独自交渉を始めている可能性もあり、今後は、北朝鮮の核問題をめぐって、韓国も含めた水面下での交渉が激しくなってくるだろう。

 - 政治

  関連記事

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

jfk
ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統 …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …