ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳会談を行った。最重要課題である北朝鮮問題に対しては共同で対処していく方針を確認したが、米国側は朴新政権の方向性を完全には掴み切れておらず、とりあえずは両首脳の個人的関係を構築するという様子見の会談となった。

 首脳会談は7日の午前から昼食を挟んで行われた。午後に行われた共同記者会見でオバマ大統領は「北朝鮮はすでに孤立しており、危機を煽って譲歩を引き出す時代は終わった」と述べ、北朝鮮の恫喝外交を非難した。その上で朝鮮半島の非核化を行い、北朝鮮はミャンマーのようになるべきであると強調した。

 一方朴槿恵大統領は、北朝鮮の挑発を容認しない姿勢を明確にする一方、自身が提唱してきた対話や人道支援を通じて南北間の信頼構築を目指す「朝鮮半島信頼プロセス」の実行も含めて「米韓共同で問題解決の努力を行う」とした。

 北朝鮮問題に対して共同で対処するという方針では一致しているものの、米韓両国には微妙なスタンスの違いが見られる。
 米国は朝鮮半島の非核化が最重要課題であり、その上で、北朝鮮の経済開放を求めている。基本的には米朝の直接交渉で事態を打開したい考えだ。一方韓国側は「朝鮮半島信頼プロセス」という朴槿恵政権独自の対話路線も念頭に置いている。

 朴槿恵氏は、かつての軍事独裁政権下の大統領・朴正熙氏の娘である。朴正熙氏は旧日本軍との関係も深く、朴槿恵氏には日本統治下の人脈も含めて独自の北朝鮮ルートがある。米国側は、朴槿恵氏について、李明博前大統領とは異なり、理論家ではなく現実主義者として理解している。このため、独自の外交的動きが出ることを警戒している。

 また米国が強くこだわっているのは、朝鮮半島の非核化であって、北朝鮮の非核化ではない。米国と韓国は現在、米韓原子力協定の改定をめぐって対立している。米国は核技術が韓国を経由して流出する事を警戒しており、韓国が独自にウラン濃縮や核燃料の再処理を実施することを望んでいない。結局、米韓首脳会談に悪影響を与えることを憂慮した韓国側が折れ、協定は現行のまま2年間延長されることになった(本誌記事「韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に」参照)。
 韓国も含めて、核開発を一切封じ込め、北朝鮮の経済開放を主導したい米国と、独自の対話路線と核開発を進めたい韓国で微妙な利害の対立があるのだ。

 今回の首脳会談は、両国の方向性の違いが表面化しないよう、無難な範囲での意見交換に終始した模様。米国はすでに北朝鮮との独自交渉を始めている可能性もあり、今後は、北朝鮮の核問題をめぐって、韓国も含めた水面下での交渉が激しくなってくるだろう。

 - 政治

  関連記事

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

nichushunou
日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

kourousho
社会福祉法人改革をきっかけに、公益的事業全般に関する議論の強化を

 厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会において、介護や保育の事業を行ってい …

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …

rodman
NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデ …

no image
ルイヴィトンのオーナーが課税強化を嫌ってベルギー国籍を取得

 フランスの大富豪で「LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)」会長のベルナール・ …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …