ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。

 沖縄県議会は同飛行場に配備されたオスプレイの撤収などを求める抗議決議を全会一致で可決した。また各地でオスプレイの配備に関する懸念の声が上がっている。

 だが、オスプレイの危険性を声高に喧伝するあまり、反対運動が自己矛盾な状況となってきている。反対派の多くは「オスプレイが危険だから反対だ」としている。おそらくその方が、一般市民の不安を煽ることができるので好都合なのだろう。
 だが「危険だから反対」ということであれば「安全ならば賛成なの?」ということにもつながりかねない。おそらくオスプレイ配備に反対している人の多くは、米軍の駐留そのものに反対なのであろう。そうであれば、オスプレイが危険かどうかではなく、日米安保そのものに反対を表明すべきである。

 いわゆる市民運動と呼ばれるものに対して、ホンモノの市民の賛同がなかなか得られないのは、おそらくこのあたりの「いかがわしさ」を多くの人が感じ取っているからだろう。

 ところでオスプレイは本当に危険なのか?

 実際のところはそれほどでもないというのが多くの専門家の意見だ。オスプレイに限らず、ヘリコプターは飛行機に比べてそもそも危険なもの。日本でも米国でもヘリの事故はかなり多い。構造な複雑なオスプレイには技術的に克服すべき課題が多いのは事実だが、オスプレイがダメなら、既存のヘリは皆ダメになってしまう。

 危険だからダメなのか、米軍は何でもダメなのか、そろそろはっきりさせた方がよいだろう。

 - 政治

  関連記事

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …