ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。

 沖縄県議会は同飛行場に配備されたオスプレイの撤収などを求める抗議決議を全会一致で可決した。また各地でオスプレイの配備に関する懸念の声が上がっている。

 だが、オスプレイの危険性を声高に喧伝するあまり、反対運動が自己矛盾な状況となってきている。反対派の多くは「オスプレイが危険だから反対だ」としている。おそらくその方が、一般市民の不安を煽ることができるので好都合なのだろう。
 だが「危険だから反対」ということであれば「安全ならば賛成なの?」ということにもつながりかねない。おそらくオスプレイ配備に反対している人の多くは、米軍の駐留そのものに反対なのであろう。そうであれば、オスプレイが危険かどうかではなく、日米安保そのものに反対を表明すべきである。

 いわゆる市民運動と呼ばれるものに対して、ホンモノの市民の賛同がなかなか得られないのは、おそらくこのあたりの「いかがわしさ」を多くの人が感じ取っているからだろう。

 ところでオスプレイは本当に危険なのか?

 実際のところはそれほどでもないというのが多くの専門家の意見だ。オスプレイに限らず、ヘリコプターは飛行機に比べてそもそも危険なもの。日本でも米国でもヘリの事故はかなり多い。構造な複雑なオスプレイには技術的に克服すべき課題が多いのは事実だが、オスプレイがダメなら、既存のヘリは皆ダメになってしまう。

 危険だからダメなのか、米軍は何でもダメなのか、そろそろはっきりさせた方がよいだろう。

 - 政治

  関連記事

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …

kokintoshukinpei
習近平-李克強体制が正規にスタート。だが選挙では前代未聞の反対票も出て大波乱

 現在、中国・北京で開催中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3月14日、 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

chongchongan
北朝鮮の貨物船がパナマ運河で強制停泊。積荷はミサイル部品の可能性大

 パナマ政府は7月15日、キューバを出航しパナマ運河を通過しようとした北朝鮮籍の …

baeikyu
台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任 …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …