ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国防総省が発表した中国軍に関する年次報告書。中国側が激しく反発する理由とは?

 

 米国防総省は5月6日、中国の軍事力に関する年次報告書を発表した。この中で国防総省は、中国は軍の近代化を急ピッチで進めており、最新兵器に多額の投資を行っていると指摘。中国の軍備拡大傾向について懸念を表明した。また中国は米国に対してサイバー攻撃をしかけているとし、いくつかのケースでは中国政府や軍の組織が直接関与していると主張した。

 中国は公式には1140億ドル(約11兆円)の軍事費を支出しており、前年比で約10%の増加となっている。だが報告書では、実際の中国の軍事費は最大でこの2倍程度の規模があるとしており、弾道ミサイル、巡航ミサイル、宇宙兵器、サイバー兵器になどに対する積極的な投資を行っているという。

 また報告書では、中国はここ1年の間に海洋権益について強く主張するようになっており、東シナ海と南シナ海において、周辺各国と領有権問題を引き起こしていると主張。米国は領有権についてどの国の立場にも立たないとしながらも、中国が関係各国と平和的に問題を解決するよう促した。

 米国は以前から中国の軍備拡張について、透明性の欠如という形で間接的な懸念を表明してきた。だが今回の報告書は、サイバー攻撃や領有権問題など、中国に対する具体的な懸念材料をより強調した形となっている。

 中国は今回の年次報告書に強く反発しており、中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は「米国がこのような報告を発表し、中国脅威論を喧伝することに断固反対する」と発言、米側に抗議したことを明らかにした。

 中国外務省のこうした激しい反応は、米国よりも中国内部を意識している可能性がある。報告書でも指摘している通り、中国の国際的な振る舞いについては、中国国内でも議論が分かれている。
 かつて中国の最高指導者であった鄧小平氏は、改革開放路線を最優先させるため、むやみな覇権主義を採用しないことを基本路線としていた。
 現在でも中国は覇権主義はとらないと表面上は明言しており、鄧小平路線を堅持している。だが国内には、世界に対してより強く覇権を求めるべきとの主張も強くなってきており、対外協調的な外務省も、中国内部の政治的意向を無視できなくなっている可能性がある。

 少なくとも、今回の中国側の反応によって、南シナ海と東シナ海の海洋権益が中国にとって譲れない一線であることが、さらに明確になったといえる。

 - 政治

  関連記事

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

munjein
韓国大統領選は文在寅氏勝利で9年ぶりの革新政権。盧武鉉時代の再来となるか?

 2017年5月9日に投開票が行われた韓国大統領選は、大方の予想通り「共に民主党 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

chinausa
深まる米中同盟?米軍と中国軍がソマリア沖で相互に武器を交換する訓練を実施

 米海軍と中国海軍は2013年8月24日から2日間の日程で、アフリカのソマリア沖 …

kerikokumuchokan
米国の日本に対する認識が変化?米国務省受賞者の顔ぶれに異変

 米国務省が毎年行っている「世界の勇気ある女性賞」の受賞者をめぐって波紋が広がっ …

obamairan
イランの核問題で暫定合意に到達。本格合意なら、国際秩序の変化がさらに加速

 イランと欧米中露6カ国は11月24日、イランの核問題をめぐる協議で合意に達した …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …