ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろしいトラブルが発生している。

 トラブルが発生したのは、ボストン発マイアミ行きと、NY発マイアミ行きの2便。ボストン発の便では、離陸直後に座席が倒れたため、その座席に座っていた乗客を客室乗務員用の椅子に移し、NYのJFK国際空港に緊急着陸した。

 飛行が安定していたからよかったものの、乱気流などに巻き込まれれば大事故につながりかねない恐ろしいトラブルである。
 旅客機のシートは配置変更ができるようになっているが、そうそう簡単にはずれるものではない。シートの座席変更作業は、下請会社が請け負っているという。

 アメリカン航空では、現在、組合と会社の対立が激しくなっている。通常では起こりえない今回の事故について、組合と会社の紛争に何らかの関係があるのでは?という見方も一部にはある。

 米連邦航空局(FAA)が原因について調査を開始している。はっきとした原因が分かるまでにはしばらく時間がかかるだろう。飛行機に乗るときは座席をよく確かめた方がよさそうだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

cardinal obrien
セックス・スキャンダルに揺れる英国カトリックの大司教が辞任。法王選挙にも参加できず

 英国カトリック教会のトップであるオブライエン枢機卿が2月25日、スコットランド …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

shujutushitu
がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表 …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …