ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の数値に誤りがあったと発表した。当初はマイナス1.3%としていた名目成長率の数字が、訂正後にはマイナス0.5%になる。

 GDPは民間消費、民間投資、政府支出を足し合わせた数字に貿易収支を加えて算出される。当初の発表では、輸出額、輸入額ともに過大な数値が用いられ、結果として貿易赤字が増大してGDPの値を引き下げていた。原因は貿易額の季節調整をする際の計算ミスだという。

 民間エコノミストが内閣府の数字に誤りがあるのではないかと指摘し、内閣府が再度チェックしたことでミスが発覚した。
 当初の計算では貿易赤字は12.9兆円だったが、これが11.9兆円に減額となり、結果としてGDPが約1兆円分上乗せされた。

 通常GDPのような指標は、結果が正確であることを前提に皆がその数値を使うので、元のデータに間違いがないのか意外と検証されにくい。特に官庁が発表するデータは複数のチェックを経ていると多くの人が考えるので、今回のミス発覚は一種の盲点といえる。
 今回のケースとは少々異なるが、先月には、世界的な経済財政政策の基礎となっている論文にデータの誤りがあることが発覚し大問題となった。

 ハーバード大学のカーメン・ラインハート教授とケネス・ロゴフ教授は2010年の論文で、GDPに対する公的債務の割合が90%を超えると経済成長率は急速に低下すると指摘した。両教授の論文は各国の財政政策に採用され、その研究成果をもとに出版された「国家は破綻する」という書籍は世界的なベストセラーになった。
 だが、経済学を専攻するある大学院生が、用いているデータに基本的な誤りがあると指摘した。両教授はこれを認めたが、論文の結論についてはあまり大きな違いはないとした。だが、この研究成果は各国の財政再建目標を設定する際の基礎となっており、経済政策の専門家の間では劇震が走っている。

 学術的な世界では、分析や理論構築に重きが置かれ単純作業であるデータ整備が軽視される傾向がある。今回のミスの原因は不明だが、学生などが下請的にデータ整理や入力を行っていることも多いことから、これに類するミスは実はたくさん存在するとの声もある。
 現在の経済政策は、大量のデータを用いた計量的な分析への依存度が高い。これらの出来事をきっかけに、五月雨式に計算ミスの事例が表面化してくる可能性もある。

 - 経済

  関連記事

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

siemense
GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次い …

okane02
日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~ …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …