ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の数値に誤りがあったと発表した。当初はマイナス1.3%としていた名目成長率の数字が、訂正後にはマイナス0.5%になる。

 GDPは民間消費、民間投資、政府支出を足し合わせた数字に貿易収支を加えて算出される。当初の発表では、輸出額、輸入額ともに過大な数値が用いられ、結果として貿易赤字が増大してGDPの値を引き下げていた。原因は貿易額の季節調整をする際の計算ミスだという。

 民間エコノミストが内閣府の数字に誤りがあるのではないかと指摘し、内閣府が再度チェックしたことでミスが発覚した。
 当初の計算では貿易赤字は12.9兆円だったが、これが11.9兆円に減額となり、結果としてGDPが約1兆円分上乗せされた。

 通常GDPのような指標は、結果が正確であることを前提に皆がその数値を使うので、元のデータに間違いがないのか意外と検証されにくい。特に官庁が発表するデータは複数のチェックを経ていると多くの人が考えるので、今回のミス発覚は一種の盲点といえる。
 今回のケースとは少々異なるが、先月には、世界的な経済財政政策の基礎となっている論文にデータの誤りがあることが発覚し大問題となった。

 ハーバード大学のカーメン・ラインハート教授とケネス・ロゴフ教授は2010年の論文で、GDPに対する公的債務の割合が90%を超えると経済成長率は急速に低下すると指摘した。両教授の論文は各国の財政政策に採用され、その研究成果をもとに出版された「国家は破綻する」という書籍は世界的なベストセラーになった。
 だが、経済学を専攻するある大学院生が、用いているデータに基本的な誤りがあると指摘した。両教授はこれを認めたが、論文の結論についてはあまり大きな違いはないとした。だが、この研究成果は各国の財政再建目標を設定する際の基礎となっており、経済政策の専門家の間では劇震が走っている。

 学術的な世界では、分析や理論構築に重きが置かれ単純作業であるデータ整備が軽視される傾向がある。今回のミスの原因は不明だが、学生などが下請的にデータ整理や入力を行っていることも多いことから、これに類するミスは実はたくさん存在するとの声もある。
 現在の経済政策は、大量のデータを用いた計量的な分析への依存度が高い。これらの出来事をきっかけに、五月雨式に計算ミスの事例が表面化してくる可能性もある。

 - 経済

  関連記事

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

no image
座礁したクルーズ客船の事故現場が大観光地に

 今年の1月に座礁事故を起こして転覆した超大型クルーズ客船「コスタ・コンコルディ …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

ginkou
全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当 …

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …