ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約273兆円)にのぼり、GDPに対する割合は18.5%になるとの調査結果を公表した。金額、割合ともに前年よりもわずかに改善しているが、以前として地域差が激しい状況が続いている。

 地下経済とは、徴税の対象とならない非正規の支払いの総称。地下経済と聞くと凶悪犯罪を連想するかもしれないが、必ずしもそうではない。現金払いで記録が残らないちょっとした仕事、店舗での伝票を介さない売上げ、タクシーなど交通サービスでの売上げごまかしなども地下経済に分類される。もちろん売春や各種のヤミ取引も地下経済のひとつである。

 一般に地下経済の比率は、経済危機になっている国や、社会風土が不透明な国で高くなりやすい。欧州ではギリシャなどのように若年層の失業率が60%に達する国もあり、普通の状態では仕事を見つけることができない。
 そのような国では、知人を頼りにちょっとした仕事をもらったりすることで、何とか食いつなぐことになる。これらは皆、地下経済となり税金の補足対象からはずれてしまう。

 欧州では、東欧の地下経済比率がきわめて高く、ブルガリアは31%、クロアチアは28%となっている。南欧がそれに続き、ギリシャ(24%)、イタリア(21%)、スペイン(19%)などが高い。もっとも低いのはスイス(7%)、オランダ(9%)、英国(10%)などである。

 この調査は欧州のみが対象だが、世界最大の経済大国である米国の地下経済比率はかなり低いことで知られている。少し古いデータになるが、2007年時点での地下経済比率は7.2%となっており、スイスと同レベルだ。ちなみに日本は9%程度といわれてる。
 隣国・韓国の地下経済比率は極めて高く、GDPの23%にも達するという。韓国は所得格差が激しく、零細自営業者の比率が高い。このことが補足できない経済規模を拡大する要因になっているという。

 日本もデフレと景気低迷が長期にわたって続いてきたことや、若年層の失業が深刻であることなどから、地下経済の実態はこの数値よりもずっと悪い可能性もある。例えば、日本は消費者金融業を反社会的であるとして事実上の廃業に追い込んだが、その多くはヤミ金融化したといわれている。

 経済の地下化を防ぐ最大の方法は、自由な経済活動の保証と社会の透明化である。既得権益をなくし、ムダな規制を排除していけば、自然と取引はオモテに出てくる。税収は確実に増加するはずだ。もし日本の地下経済をすべてオモテに出すことができれば、50兆円ものお金が課税対象となる。10%が課税されたと仮定すると5兆円になり、消費増税2%分以上に相当する。
 日本の財政は危機的であり、財政的には消費増税は不可避だが、やはりその前にやるべきことがたくさんあるようだ。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

4gouki
福島第1原発4号機からいよいよ使用済み燃料取り出しがスタート

 東京電力は2013年11月18日、福島第一原子力発電所4号機の使用済み燃料プー …

shukinpei
中国の新しいリーダー習近平氏は何者なのか?謎に満ちたその人物像に迫る

 中国共産党の新しい指導者となる習近平氏はどのような政治家なのか?中国の指導者は …

konamiruku
香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …