ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、アベノミクスへの懸念に対する自身の見解を明らかにした。

 安倍氏は答弁の中で、円安が進んでいるにも関わらず貿易赤字が拡大していることについて触れ「円安と原発停止で原油や天然ガスの輸入が増えたことが貿易赤字拡大の原因」との認識を示した。
 その上で「円安効果で輸出が増加するまでには時差がある。半年から1年後にはプラスに転じ、貿易収支も黒字になっていく」との見通しを示した。

 またインフレと賃金については「賃金が上昇することが重要」と述べ、事業者に対して引き続き賃上げを促すとともに、「賃金上昇率がインフレ率を上回るように努力したい」との考えを強調した。

 物価高という円安のデメリットが先に表面化し、メリットがなかなか享受できないことについては、いわゆるJカーブ効果で説明されることが多い。Jカーブ効果とは、為替レートが変動した際、効果が表れるまでにはタイムラグが生じる現象のことを指す。グラフがJの形を描くようにして効果が表れることからその名が付いた。
 Jカーブ効果の理論によれば、円安によって価格競争力が付き、輸出の数量が増えるまでには時間がかかるが、やがて輸出が増え貿易赤字も一段落することになる。

  半年から1年後にプラスに転じるという安倍氏の説明は、内閣府の試算がベースになっていると思われる。安倍氏が意図した上で発言しているかは不明だが、内閣府の試算は、あくまで現状の経済環境が維持されることを前提としたものである。しかも赤字額が縮小することを効果と定義しており、貿易黒字になることまでは想定していない。円安がさらに進展する事態となれば、常に輸入物価が先に上昇することになり、永久にJカーブ効果は表れないことになる。

 さらに足下では良くない兆候が出ている。3月の貿易統計では、輸出金額が対前年比で1.1%の増加となったものの、数量ベースでは9.8%のマイナスとなっているのだ。為替が円安になっているにも関わらず、数量の減少が止まらないということは、日本製品そのものの競争力低下が示唆される。
 もしそうなっているのだとすると、為替に関わらず貿易赤字は縮小しないことになり、Jカーブ効果という前提そのものが崩れてしまう(本誌記事「円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?」参照)。

 長期国債を大量購入すれば物価目標は比較的容易に実現可能である。だが経済成長を伴った物価上昇を実現するためには、金融政策だけでは不十分である。答弁において安倍氏も触れている通り、「成長戦略をしっかりと前に進めていくこと」が何よりも重要である。

 - 経済

  関連記事

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

home03
米国で住宅価格が大幅上昇。実はアベノミクスの強力な助っ人に?

 米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4月30日、2月のケース・ …

no image
シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載 …

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …