ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、アベノミクスへの懸念に対する自身の見解を明らかにした。

 安倍氏は答弁の中で、円安が進んでいるにも関わらず貿易赤字が拡大していることについて触れ「円安と原発停止で原油や天然ガスの輸入が増えたことが貿易赤字拡大の原因」との認識を示した。
 その上で「円安効果で輸出が増加するまでには時差がある。半年から1年後にはプラスに転じ、貿易収支も黒字になっていく」との見通しを示した。

 またインフレと賃金については「賃金が上昇することが重要」と述べ、事業者に対して引き続き賃上げを促すとともに、「賃金上昇率がインフレ率を上回るように努力したい」との考えを強調した。

 物価高という円安のデメリットが先に表面化し、メリットがなかなか享受できないことについては、いわゆるJカーブ効果で説明されることが多い。Jカーブ効果とは、為替レートが変動した際、効果が表れるまでにはタイムラグが生じる現象のことを指す。グラフがJの形を描くようにして効果が表れることからその名が付いた。
 Jカーブ効果の理論によれば、円安によって価格競争力が付き、輸出の数量が増えるまでには時間がかかるが、やがて輸出が増え貿易赤字も一段落することになる。

  半年から1年後にプラスに転じるという安倍氏の説明は、内閣府の試算がベースになっていると思われる。安倍氏が意図した上で発言しているかは不明だが、内閣府の試算は、あくまで現状の経済環境が維持されることを前提としたものである。しかも赤字額が縮小することを効果と定義しており、貿易黒字になることまでは想定していない。円安がさらに進展する事態となれば、常に輸入物価が先に上昇することになり、永久にJカーブ効果は表れないことになる。

 さらに足下では良くない兆候が出ている。3月の貿易統計では、輸出金額が対前年比で1.1%の増加となったものの、数量ベースでは9.8%のマイナスとなっているのだ。為替が円安になっているにも関わらず、数量の減少が止まらないということは、日本製品そのものの競争力低下が示唆される。
 もしそうなっているのだとすると、為替に関わらず貿易赤字は縮小しないことになり、Jカーブ効果という前提そのものが崩れてしまう(本誌記事「円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?」参照)。

 長期国債を大量購入すれば物価目標は比較的容易に実現可能である。だが経済成長を伴った物価上昇を実現するためには、金融政策だけでは不十分である。答弁において安倍氏も触れている通り、「成長戦略をしっかりと前に進めていくこと」が何よりも重要である。

 - 経済

  関連記事

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …