ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバマ大統領との会談では、北朝鮮をめぐる米韓の微妙な方向性の違いが浮き彫りになっていたが、議会の演説では、自らが提唱する北朝鮮政策を全面的に展開した。

 朴氏は北朝鮮問題に対する基本政策として「朝鮮半島信頼プロセス」と呼ばれるものを提唱している。これは、対話や人道支援で南北の信頼構築を目指すというもので、前李明博政権とはまったく異なるスタンスである。
 これに対して米国は、基本的に朝鮮半島の非核化を最重要課題としており、北朝鮮に圧力をかけた上で、最終的には北朝鮮の経済開放を引き出すという戦略を掲げている。
 直面する北朝鮮の脅威には一致して対処する点で米韓は一致しているものの、その後のプロセスについては微妙な方向性の違いがある。米朝による直接交渉を望んでいる米国にとっては、韓国独自の対話路線は時として邪魔になる可能性がある。韓国側の動きに中国が関与してくる可能性を懸念しているからだ。

 前日の首脳会談は、双方とも相手のスタンスをまだ完全には把握しきれておらず、様子見ムードに終始した。だが議会演説ではうってかわって、独自のアジア戦略を積極的に主張する展開となった(本誌記事「朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始」参照)。

 演説では「強固な米韓同盟を前にして北朝鮮の挑発は完全に失敗している」と述べ、北朝鮮の恫喝外交に対して米韓が一致して取り組む姿勢を強調した。

 続いて朴氏は「朝鮮半島信頼プロセスを進めていく」と述べ、北の挑発に対しては断固とした措置を取りつつ、人道的支援は政治状況とは関係なく実施すると強調した。
 さらに朴氏は、朝鮮半島信頼プロセスに続く、北東アジア平和協力構想(ソウルプロセス)についても言及している。ソウルプロセスは東アジア全域の協力関係の構築を目指したものであり、ここには当然中国の存在が関係してくる。
 韓国国内には、日本と同様、米国との同盟関係を強化すべきという勢力と中国との関係を強化すべきという勢力の対立がある。ソウルプロセスは中国との関係強化を主張する勢力を強く意識したものといえる(かつてはこれに日本との関係強化を主張する勢力も加わっていたが、現在は弱体化している)。
 日本のマスメディアで取り上げられた「正しい歴史認識を持つべきだ」という日本批判の発言はこの文脈の中で発せられたものである。

 今回の朴氏の議会演説は、個別にあまり意味のあるものではなく、朴政権の北朝鮮政策およびアジア政策に関する基本的な考えを、初めて対外的に表明する場であったと解釈すべきである。昨年から今年にかけて、東アジア主要国(日本、中国、韓国)の政権交代が相次いだが、ようやく各政権の基本戦略が出揃ってきた段階だ。本格的な攻防戦はこれからが本番である。

 - 政治

  関連記事

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

no image
中国の漁船団1000隻が尖閣に集結との情報。ただし位置特定システム上では未確認

 日本の尖閣諸島国有化に対抗して、大量出航したといわれている中国の漁船1000隻 …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …