ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタの好決算は円安の影響ではない。海外生産、海外販売へのシフトが利益の源泉

 

 トヨタ自動車は5月8日、2013年3月期決算を発表した。売上高は前年比18.7%増の22兆642億円、営業利益は前年比3.7倍の1兆3208億円の好決算となった。
 また2014年の業績見通しについては、売上高23兆5000億円、営業利益1兆8000億円とし、リーマンショック以前の水準を視野に入れ始めた。

 各メディアの見出しでは「円安効果によってトヨタ増益」といった論調になっているが、決算内容を細かく見ると、むしろ逆の実態が浮かび上がってくる。

 今期決算の営業利益増加分のうち、円安効果が占める割合はわずか12%、50%が販売贈によるもので、残りが原価低減である。今回トヨタが好決算になったのは、円安の影響ではなく、純粋に販売が好調だったからである。

 今期の同社における総販売台数は887万台で昨年よりも2割増加した。このうち、国内販売はわずか228万台で659万台はすべて海外での販売となっている。この傾向は今に始まったことではないが、トヨタはもはや日本でメシを食う会社ではなくなっている。
 ちなみに販売台数の増加割合は、国内が10%強なのに対し、北米が32%増、アジアが27%増となっており、特に米国市場の販売が好調であることがうかがえる。良好な決算は堅調な米国市場が牽引しているといってよい。

 同社は海外販売の増加に合わせて生産拠点の海外移転も進めている。現在、国内生産と海外生産の比率は50対50となっている。4月には高級車レクサスの生産を米国ケンタッキー工場に移管すると発表したばかり。今後、国内生産の割合が低下することはあっても、大幅に増加することはないだろう。

 同社の豊田章男社長は、折に触れ「国内生産を何としても維持する」といった発言を繰り返しているが、これは国内世論に配慮したものでトヨタとしての本音ではない。確かに生産拠点が海外に移転すれば、地域の雇用は失われるかもしれない。だが、グローバル化に成功し、為替の影響を受けることなく常に高い利益を確保できるトヨタのような存在は、日本経済にとってむしろメリットである。

 トヨタのような会社が増えてくれば、海外現地法人からの配当(所得収支)が増加し、日本の経常収支に貢献する。すでに日本の経常収支は輸出ではなく、海外からの利子や配当に依存する形になっており、それは時代の流れである。

 トヨタにはその閉鎖的な社風や利益至上主義に対する批判も根強い。だが同社は、今も昔も、日本の製造業のモデルケースといってよい存在である。

 - 経済

  関連記事

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

g20washington201604s
相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …