ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決していない」と主張する論文を掲載した。論文は学者名で掲載されているものの、中国が沖縄の領有権について触れたのは初めてであり、大きな波紋を呼んでいる。

 人民日報の論文では、沖縄(琉球)について、明や清の時代には中国の冊封(さくほう)を受けており、中国の属国であったと指摘。日清戦争後に締結された下関条約では、当時の清王朝には琉球問題を取り上げる力はなく、台湾と尖閣を含む諸島、沖縄は日本によって力で奪い取られたと主張している。

 冊封とは中国王朝が周辺の国に対して行っていた外交政策で、王としての称号や統治権を認める代わりに中国と主従関係を結ぶというもの。琉球王朝は明や清から冊封を受け中国の支配下に入っていたが、江戸時代には日本の薩摩藩の配下に入った(だだし中国からの冊封は受け続けていた)。明治政府は正式に琉球を日本と定め、沖縄県を設置、太平洋戦争後の米国統治を挟んで現在に至っている。

 論文では領有権が中国にあるとは明確に書いていないが、「未解決だった琉球問題について議論すべき時が到来した」との記述は、地政学の世界では、中国が沖縄の領有権について主張したことと同じになる。
 
法的にも実効支配という面でも沖縄が日本の領土であることは明白であり、中国もそのことはよく承知している。それにもかかわらず、中国がこのような主張を展開したのは、日本というよりも、むしろ米国に対する牽制球と考えた方がよいだろう。
 米国は尖閣諸島の領有権について、日中どちらの立場にも立たないという主張を繰り返している。だが中国が沖縄に対する領有権を主張した場合には、話は変わってくる。米軍における沖縄の役割は近年著しく低下しているとはいえ、現在でも沖縄は米軍の最前線基地であることに変わりはない(本誌記事「米国がシンガポールに最新鋭艦を配備。その地政学的意味とは?」参照)。つまり米中関係にとって沖縄は地政学的に極めて重要な場所なのである。1972年の米中国交回復のきっかけとなったのも、沖縄に配備している核兵器の撤収であった。

 中国はこのところ、米国に対して、領有権問題に関して中国側に配慮した発言をするよう要請している(本誌記事「崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請」参照)。米国としては看過できない一線である沖縄に言及することで、米側の譲歩を引き出そうという少々危険なゲームといえる。

 尖閣諸島と異なり、沖縄の実行支配権は、今のところまったく脅かされる心配はない。とりあえず日本としてはまともに相手をせず、静観でよいのではないか?

 - 政治

  関連記事

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

3chuzenkai
中国が国家安全委員会を設置した真意。日本との対決か治安維持か?

 中国共産党は、11月12日に閉幕した党の重要会議である第18期中央委員会第3回 …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

Kennedy
駐日大使にケネディ元大統領の長女が就任。ただし外交や政治の経験はゼロ

 米国の主要メディアは4月1日、ルース駐日大使の後任として故ケネディ元大統領の長 …

no image
細野豪志環境相が代表選出馬見送り。特に驚きはなし

 民主党代表選への立候補を検討していた細野豪志環境相は出馬を見送る意向を固めたと …

snowden
米当局がスノーデン氏を正式訴追。本人はアイスランドへ亡命申請?

 米検察当局は、米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

no image
党大会目前でも権力闘争が終結せず。中国は不安定な状態が継続か?

 中国の政権交代を間近に控えているにも関わらず、権力闘争がさらに激しさを増してい …