ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の歴史教育は非常に安直。だが一方で市民の知恵も高まってきている

 

 中国が反日的で安直な歴史教育をしていることはよく知られている。だが一方では、なかなか侮れない市民レベルの知恵も高まってきている。

 フランスのTVが報じた中国の小学校の一場面である。

教師 日本と中国はなぜ揉めているのですか?
生徒 日本が領土を奪っているからです 
教師 では日本はなぜそのようなことをするのですか?
生徒 石油が欲しいからです

 そこで教師が、石油がいかに大事かを力説し、中国の石油採掘労働者で英雄とされている「鉄人・王進喜」(自ら泥水に身を投げ攪拌したという伝説あり)の偉大さについて延々と説明する。反日はもちろんのこと、石油の確保には相当力を入れているらしい(中国は実は石油の大輸入国)。

 だが一方で、共産党の宣伝工作が稚拙で、逆に日本に利用されているという辛らつな意見もネットでは見られるようになっている。

 共産党が使っていた王進喜の写真には、背景にわずかに石油施設が映っている。中国のある掲示板では、日本のエンジニアリング会社は、この一枚の写真から、油田の場所、埋蔵量まで正確に分析していたという事実を紹介している。

 安易にこの宣伝写真を使った共産党は、インテリジェンス(諜報)のセンスがないと批判している。なかなかの分析である。

 現在の中国の市民は、共産党の管理下にある。だが、成熟した市民が共産党の手を離れる日は近いかもしれない。こうなると日本はますます難しい舵取りを迫られることになるだろう。

 - 政治

  関連記事

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …