ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使って新造の巡視船を供与する方向で検討を開始した。

 産経新聞の報道によると、5月にハノイで開かれるベトナムとの海洋安全保障協議で、ベトナム側は中古の巡視船10隻の供与を日本側に求める意向だという。
 中国との領有権問題が激しさを増しており、海上兵力を増強することが狙い。

 これに対して日本側は、ODAの資金を活用し、中古ではなく新造の巡視船を供与する方向で検討する方針。だがベトナムの海上警察は軍の一部であることから、軍組織へのODA提供を禁じるODA大綱がネックになり、資金の手当てができなくなった。
 このため、ベトナムに対して、海上警察を軍から独立させるよう求めるという異例の措置が検討されている。外国政府に統治機構の改編を求めるのは極めて異例のことである。

 中国からの軍事的圧力にさらされているベトナムを支援することは重要だが、今回の措置は少々本末転倒な印象を受ける。中古巡視船の供与依頼をわざわざ断って新造船に切り替え、自国の予算制約をクリアするために、他国の統治機構に内政干渉するというのは少々やり過ぎである。ベトナム政府関係者は日本の本意を理解するだろうが、ベトナム国民がこの措置に完全に納得するという保証はない。

 このような一種のウルトラCが出てくる背景には、日本の防衛産業の苦境があると考えられる。三菱重工など、防衛大手は防衛省からの受注が大幅に減少し、経営的に難しい状況にある。
 三菱重工の2013年3月期決算は、売上高が3兆322億円とほぼ横ばいを維持したが、防衛関係の売上げは減少する一方である。航空機部門はボーイング787の主翼製造など民間からの受注が好調だが、戦闘機の新規受注がなく、全体としてはマイナスになっている。造船部門も売上げ減だ。

 日本は武器輸出三原則があり、武器の輸出が事実上不可能となっている。政府は三原則の見直しに着手しており、次期主力戦闘機であるF-35の部品製造と輸出ができるよう調整を進めている。今回のODA活用と新造船の建造もその延長線上にある話といってよい(本誌記事「武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情」参照)。

 武器輸出三原則の見直しは二つの側面がある。ひとつは武器の輸出によって同盟国との軍事的関係を強化するという側面、もうひとつは輸出を増やし経常収支の改善に寄与するという側面である。今回のベトナムへの新造船の供与は、関係強化にはプラスになるかもしれないが、経済的な面ではあまりプラスにはならない。ODAはもともと日本政府の予算だからである。

 日本では憲法改正も含めて、防衛力に関する国民の考え方は着実に変化してきている。だが、武器輸出三原則の見直しが、単なる防衛産業への援助に終わるのであれば、防衛力について再評価しようという国民の期待を大きく裏切ることにもなりかねない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

boukusikibetuken
飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分か …

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …