ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米空母2隻が西太平洋に展開。ただし毎年の恒例行事であり過大な期待は無用

 

 米第7艦隊は、空母「ジョージ・ワシントン」と「ジョン・C・ステニス」を中心とした2個の空母打撃群 を西太平洋上に展開していることを明らかにした。

  日本や韓国の一部メディアでは、尖閣諸島における中国との領有権問題に対して、米国が強硬姿勢を強めていると報道している。
 だが米軍はこの時期、毎年、西太平洋で演習を行っており、それほど特別なことではない。米軍が日本語の情報を積極的に流していることから、日本国内向けの意味合いが大きい。尖閣問題において米国の支持が得られたと早合点しない方がよいだろう。

 原子力空母「ジョージ・ワシントン」は米第七艦隊の主力艦船で横須賀が母港。毎年夏に航海に出て、西太平洋で演習を繰り返しクリスマスに横須賀に戻るのがいつものパターン。冬の間にメンテナンスを行い、次の夏に再び出航する。

 今回はサンディエゴが母港の「ジョン・C・ステニス」が演習に加わっており、演習の規模は比較的大きい。その意味で中国に対するプレッシャーは大きいかもしれないが、過大評価は危険だ。

  だが一方で、実務的には意味のある訓練も行っている。8月から9月にかけて、佐世保を母港とする米揚陸艦隊がグアムで上陸訓練を行っている。この訓練は、島の奪還を想定したものとされ、尖閣諸島問題が意識されている。しかもこの訓練には陸上自衛隊も参加している。こちらの方がむしろ重要なニュースである。

 米軍としては、中国を過度に刺激しないよう留意しながら、日本には友好関係をアピールしつつ、実務的な訓練は地味に着々と実施するといったところなのだろう。

 - 政治

  関連記事

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

algeriagas02
アルジェリア軍が最終攻撃を行い人質が多数死亡。国によって異なる人質に対する考え方

 イスラム武装勢力による天然ガス施設の人質事件で、アルジェリア軍は19日、最終攻 …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …