ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固めた。安倍首相を議長とする「国家安全保障会議の創設に関する有識者会議」は5月9日、関連法案の素案を了承、6月にも関連法案を国会に提出する。

 素案では、 首相、官房長官、外相、防衛相による「4大臣会合」を新設するほか、事務局を内閣官房に置き、必要な情報提供を関係省庁に義務付けるとしている。

 現行の「安全保障会議」は9大臣による審議を原則としており、国防の基本方針の策定や武力攻撃への対処などについて議論している。
 新法案では、総理大臣、外務大臣、防衛大臣、官房長官の4大臣による会議を新設し、これを外交・安全保障戦略の実質的な決定機関とする。会合は2週間に1回程度を想定しているという。
 現行の9大臣による会議は存続させるが、防衛計画大綱など長期的な方針について審議する場とする。また、緊急事態に対処するため、4大臣に加えて、6大臣会合、7大臣会合なども開催できるようにするという。

 NSC事務局は、内閣情報調査室(内調)や外務省、防衛省などから上がってくる情報を分析することが主な役目。各省庁には情報の提供を義務付け、事務局との連絡を一元化するため、専門の情報連絡官を設置する。

 日本版NSCは、安全保障分野において迅速な意思決定ができないことや、各省庁が情報を独占して共有が進まないといった弊害を打破するために立案された。とりあえず4大臣によるコンパクトな会議の設置や、省庁への情報提供の義務付けなどによって、これらの課題を克服したい考えだ。

 ただ、現行法においても同じような仕組みがある中で、十分な情報集約や迅速な意思決定が実現できていない状況を考えると、新体制がスムーズに機能する保証はない。
 新体制がうまく機能するのかは、最終的には組織構成の問題ではなく、トップのリーダーシップと人選にかかっている。特に情報集約のカギを握る事務局トップが誰になるのかで、状況は大きく変わる。
 事務局トップは官僚OBを含む民間から人選し、現職官僚は起用しない方針。だが、官僚OBを選定するにしても、結局どの省庁の出身者から選定するのかという、いつもの勢力争いに終始してしまう可能性は十分にある。

 官僚はあくまで組織の駒であり、組織に魂を入れるのは政治の仕事である。安倍氏は日本版NSCの創設にかなり力を入れているが、最高指揮官としての資質を試されるのはむしろこれからである。

 - 政治

  関連記事

fbx-t
京都府が米軍レーダー受け入れを表明。中国は不快感を表明するもポーズか?

 京都府の山田啓二知事は9月19日、京都府京丹後市の航空自衛隊経ケ岬分屯基地に設 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …