ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7%減の7兆3030億円、営業利益は3.7倍の1609億円、最終損益は、事前予想と同水準の7543億円の赤字となった。2期連続で7000億円台の巨額赤字となるが、足下では回復の兆しも見られる決算内容となった。

 巨額赤字の主な要因となったのは、約5600億円の営業外損失。その多くは、ソーラー、民生用リチウムイ オン電池、携帯電話事業などにおける減損損失やリストラ費用となっている。
 巨額の損失であることには変わりはないが、この数値は以前から予想されていた水準であり、同社の生産設備縮小がほぼ予定通り進んでいることを示唆している。

 足元の業績には明るさも見えている。同社の全部門において何とか営業黒字を確保し、出血状態からはほぼ脱することができた。
 特に同社最大の懸案事項であったAVCネットワーク部門(テレビやディスプレイなど)で黒字転換を果たした意味は大きい。同社は今年3月、プラズマディスプレイからの完全撤退を発表。これまで同社の足を引っ張ってきたテレビ部門の重荷からようやく解放されている(本誌記事「パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分からない状態に」参照)。

 ただこれらの事業再構築によって、同社の製品ラインナップはかなり散漫になり、主力製品が何なのか分からない状態になっている。また黒字化といっても、固定費の削減によるところが大きく、製品の付加価値が向上しているわけではない。
 その状況を反映してか、2014年3月期の業績見通しは、売上高が前期比1.4%減の7兆2000億円、営業利益は55.3%贈の2500億円という、かなり保守的な数字を提示している。新しい事業モデルを打ち出して攻めの経営に転じるという状況からはほど遠い状況だ。
 何屋さんか分からなくなったという、同社のイメージはまだまだ払拭されていないようである。

 - 経済 ,

  関連記事

foxconn02
シャープに拒絶された鴻海が日本に開発拠点を設立。シャープ技術者の採用に乗り出す

 経営再建中のシャープに出資を検討したものの、最終的にはこれを断念した台湾の鴻海 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

appletv002
アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブル …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …