ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7%減の7兆3030億円、営業利益は3.7倍の1609億円、最終損益は、事前予想と同水準の7543億円の赤字となった。2期連続で7000億円台の巨額赤字となるが、足下では回復の兆しも見られる決算内容となった。

 巨額赤字の主な要因となったのは、約5600億円の営業外損失。その多くは、ソーラー、民生用リチウムイ オン電池、携帯電話事業などにおける減損損失やリストラ費用となっている。
 巨額の損失であることには変わりはないが、この数値は以前から予想されていた水準であり、同社の生産設備縮小がほぼ予定通り進んでいることを示唆している。

 足元の業績には明るさも見えている。同社の全部門において何とか営業黒字を確保し、出血状態からはほぼ脱することができた。
 特に同社最大の懸案事項であったAVCネットワーク部門(テレビやディスプレイなど)で黒字転換を果たした意味は大きい。同社は今年3月、プラズマディスプレイからの完全撤退を発表。これまで同社の足を引っ張ってきたテレビ部門の重荷からようやく解放されている(本誌記事「パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分からない状態に」参照)。

 ただこれらの事業再構築によって、同社の製品ラインナップはかなり散漫になり、主力製品が何なのか分からない状態になっている。また黒字化といっても、固定費の削減によるところが大きく、製品の付加価値が向上しているわけではない。
 その状況を反映してか、2014年3月期の業績見通しは、売上高が前期比1.4%減の7兆2000億円、営業利益は55.3%贈の2500億円という、かなり保守的な数字を提示している。新しい事業モデルを打ち出して攻めの経営に転じるという状況からはほど遠い状況だ。
 何屋さんか分からなくなったという、同社のイメージはまだまだ払拭されていないようである。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

amarikaiken
甘利氏の「予想」通りGDPは上方修正。発言の何が問題なのか?

 内閣府は2015年12月8日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)改定値 …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …