ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7%減の7兆3030億円、営業利益は3.7倍の1609億円、最終損益は、事前予想と同水準の7543億円の赤字となった。2期連続で7000億円台の巨額赤字となるが、足下では回復の兆しも見られる決算内容となった。

 巨額赤字の主な要因となったのは、約5600億円の営業外損失。その多くは、ソーラー、民生用リチウムイ オン電池、携帯電話事業などにおける減損損失やリストラ費用となっている。
 巨額の損失であることには変わりはないが、この数値は以前から予想されていた水準であり、同社の生産設備縮小がほぼ予定通り進んでいることを示唆している。

 足元の業績には明るさも見えている。同社の全部門において何とか営業黒字を確保し、出血状態からはほぼ脱することができた。
 特に同社最大の懸案事項であったAVCネットワーク部門(テレビやディスプレイなど)で黒字転換を果たした意味は大きい。同社は今年3月、プラズマディスプレイからの完全撤退を発表。これまで同社の足を引っ張ってきたテレビ部門の重荷からようやく解放されている(本誌記事「パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分からない状態に」参照)。

 ただこれらの事業再構築によって、同社の製品ラインナップはかなり散漫になり、主力製品が何なのか分からない状態になっている。また黒字化といっても、固定費の削減によるところが大きく、製品の付加価値が向上しているわけではない。
 その状況を反映してか、2014年3月期の業績見通しは、売上高が前期比1.4%減の7兆2000億円、営業利益は55.3%贈の2500億円という、かなり保守的な数字を提示している。新しい事業モデルを打ち出して攻めの経営に転じるという状況からはほど遠い状況だ。
 何屋さんか分からなくなったという、同社のイメージはまだまだ払拭されていないようである。

 - 経済 ,

  関連記事

factory07
米国の雇用統計が予想外に良好。政府機関の閉鎖は経済にあまり影響を与えていない?

 米国の雇用統計が予想外に良好な数字だったことに関係者が驚いている。米労働省は1 …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …

iwata02
日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金 …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …