ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという前代未聞の事件が発生した。

 米司法省は5月9日、4500万(約46億円)の現金を不正にATMから引き出したとして、米国人8人を起訴したと発表した。
 犯人グループは、クレジットカード会社のシステムをハッキングし、プリペイド式のデビットカードに関する不正情報を入手した。
 その後、オマーンのマスカット銀行が発行したデビットカードの引き出し限度額を操作し、上限をはずした偽のデビットカードを大量偽造して、世界27か国のATMから現金を引き出した。
 わずか1日の間に4万回近い現金の引き出しが行われたという。

 ニューヨークのマンハッタンだけでも100カ所近いATMから短時間の間に引き出しが行われた。犯人グループは現金のうち何割かを高級時計や貴金属の購入に充て、資金洗浄を実施しようとしていた。検察当局は首謀者の情報について捜査上の問題から公表していないが、米国外にいるとみられる。現金引き出しを行っていた末端の犯人グループの一人はドミニカ共和国で殺害されているという。

 今回の犯行はプリペイド方式のデビットカードが不正引き出しの対象となった。個人の銀行口座やクレジットカードではないので、一般消費者に被害は出ていないが、このことが金融機関にとっては逆に盲点となった。

 個人の口座やクレジットカードの場合、被害が発生した場合の影響は極めて大きく、金融機関やカード会社側もセキュリティにはそれなりに神経を使っている。だがプリペイド式のデビットカードの場合には、金額の上限が決まっていることや、一時的に利用されるだけの商品であることから、金融機関側のチェックが甘かった可能性がある。

 だが、同様の事件が銀行の個人口座やクレジットカードで発生しない保証はなく、金融機関では緊張が走っている。今回の事件では、カードの発行元であるオマーンのマスカット銀行が損失を被ることになるが、同行ではすでに会計上の損失処理を終えている。

 - 社会, 経済

  関連記事

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

frb
10月のFOMC。予想外に強気で「やはり年内利上げ」との声も

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年10月28日に開催したFOMC(連邦公 …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …