ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について「公権力を前面に出しすぎており、危険だ」と述べ、民主的な内容ではないとの懸念を表明した。

 自民党は憲法改正を視野に、独自に策定した「憲法改正草案」を公表している。その内容は、国民の権利ではなく、国民の義務を強調した内容となっており、基本的な考え方をめぐって賛否両論が出ている。

 現在日本では憲法改正論議が進んでいるが、その多くが、96条を先に変更するかどうかなど、技術的な部分に集中している。そもそも憲法とはどのような存在で、どうあるべきなのかという憲法観に関わる部分はほとんど議論されていない。

 憲法をはじめとする法体系は、大きく分けて「法の支配」という価値観と「法治主義(法による支配)」という二つの価値観に分かれている。

 法の支配という概念は、米国や英国などで発達した考え方で、法は国家権力を超越した存在であり、国家権力は法に従わなければならないというものである。
 法の支配の概念のもとでは、憲法は権力からどのように国民を守るのかという視点が中心となる。また法よりも上位に位置する「法の理念」がもっとも重要な概念となるため、非民主的な法律や憲法が成立した場合には、理論的にそれは無効になる(ナチスの全権委任法は法の支配では無効となる)。

 これに対して「法治主義(法による支配)」は、国家権力が法を使って国民を支配するという概念で、戦前の明治憲法などがこれに相当する。「法による支配」の憲法では、国民の権利よりも義務の方が強調されることになる。
 また法の理念よりも制定された現行法が優先されるので、戦前の国家総動員法やナチスの全権委任法も「法による支配」の世界観では合法ということになる。

 橋下氏が強調しているのは、自民党の草案は「法の支配」ではなく「法による支配」としての色彩が濃厚であるという点だ。実は、日本維新の会内部でも同様の議論が出ており、一部の維新メンバーは「法による支配」を強調した憲法案を強く支持している。
 橋下氏がこのタイミングで自民案に懸念を示したのは、自身の憲法観に加えて、自民党に対する違いを強調すると同時に、維新内部への牽制球が目的と思われる。

 橋下氏の政治的意図はともかくとして、これまでほとんど無視されてきた、憲法観そのものに関する議論が喚起されるのであれば、それは素直に評価すべきことである。
 憲法は民主国家の基本であり、拙速な改正は禁物である。技術論ではなく、現憲法の何かどのように問題なのか、新しい憲法はどうあるべきなのか、徹底的に議論すべきである。

 ちなみに、安倍首相は以前は「法の支配」の積極的支持者であった。おそらくその理由は、現憲法が軍隊の保有を禁じていることに不満を感じ、法の理念に照らせば軍隊の所有は可能であるとの論理からと思われる。
 民主国家には武装する権利が最初から付与されており、安倍氏の主張は正しかったが、その安倍氏が「法による支配」を前面に出した憲法草案を提出しているのは皮肉なことである。

 - 政治 , ,

  関連記事

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

obama00003
シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリン …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …

kerryohki
ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪 …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …