ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を検討すべき時期にきている」という論文を掲載した。論文を執筆したのは、米バード大学教授でジャーナリストのイアン・ブルマ氏。日本や中国に造詣が深く、日本の雑誌にもたびたび寄稿している人物である。

 論文でブルマ氏は、革命世代が第一線から退いた中国は以前の中国とは異なると指摘。功罪含めて日本を受け止める余裕はなくなっているとしている。一方日本も、岸信介氏の孫である安倍氏が首相に就任するなど右傾化が進展していると分析している。

 その上で、これまで米国の同盟国として、米国のアジア戦略の要となっていた日本の役割は変わりつつあり、米国は段階的な日本からの撤退を検討すべき時期に来ていると結んでいる(写真は横須賀を母校とする原子力空母ジョージワシントン)。

 ブルマ氏の主張に対してはいろいろな意見があろうが、米国から見た日本の客観的な状況をよく表していることは間違いない。
 確かに毛沢東氏には、日中国交回復交渉の際、日本は戦争賠償をしない代わりにODA(政府開発援助)という日本企業の利益になる形で経済援助するという妥協案を受け入れるだけの度量があった。下手をすれば中国国内で日本に弱腰という批判が出る可能性もあったが、対ソ戦略や米国に対する牽制球という現実主義者としての、また文化大革命という大虐殺をやりきった恐ろしい権力者としての、毛氏の政治決断が優先したのである。

 日本も同様である。田中角栄氏が主導した日中国交回復については、その後、自民党の利権と化したODAのあり方などをめぐって賛否両論はあろうが、当時としてはベストな現実的決断だったと考えられる。だが現在の日中両国にはこうした清濁を併せ呑む度量は確かに欠けているかもしれない。

 一方米国の世論も近年大きく変化している。あまり表面化はしていないが、日本からの撤退論はすでに以前から議論され始めており、ブルマ氏の主張はそろそろタイミングが熟してきているということなのだろう。

 米国は世界の警察官としてグローバルに軍事力を行使することについて国内世論が懐疑的になってきている。日本については、ブッシュ政権時代から、再軍備を促し米国の強固な同盟国として軍事的に独立させるプランと、中国の覇権をある程度容認し、日本の役割は低下させるプランとが併存してきた。
 いずれによせ米国の日本における軍事的なコミットメントは低下させる方針であることに変わりはなく、沖縄から海兵隊を撤退させ、グアムやオーストラリアに再配置しているのは、この考え方の延長線上にある。

 近視眼的には日米同盟をバックに中国の干渉に対して牽制するという方法はある程度功を奏するかもしれないが、長期的にはその戦略は成立しない可能性がある。最終的には米国次第であり、日本には選択肢がないという考え方もあるが、少なくとも米国に対して、日本の希望は主張することができる。米国もある程度は聞く耳を持つだろう。

 無意識的に日米同盟を所与の条件とする、従来の安全保障観が成立しなくなりつつあることだけは確かであり、日本人はそのことをはっきりと自覚すべき時期にきている。

 - 政治

  関連記事

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …