ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を検討すべき時期にきている」という論文を掲載した。論文を執筆したのは、米バード大学教授でジャーナリストのイアン・ブルマ氏。日本や中国に造詣が深く、日本の雑誌にもたびたび寄稿している人物である。

 論文でブルマ氏は、革命世代が第一線から退いた中国は以前の中国とは異なると指摘。功罪含めて日本を受け止める余裕はなくなっているとしている。一方日本も、岸信介氏の孫である安倍氏が首相に就任するなど右傾化が進展していると分析している。

 その上で、これまで米国の同盟国として、米国のアジア戦略の要となっていた日本の役割は変わりつつあり、米国は段階的な日本からの撤退を検討すべき時期に来ていると結んでいる(写真は横須賀を母校とする原子力空母ジョージワシントン)。

 ブルマ氏の主張に対してはいろいろな意見があろうが、米国から見た日本の客観的な状況をよく表していることは間違いない。
 確かに毛沢東氏には、日中国交回復交渉の際、日本は戦争賠償をしない代わりにODA(政府開発援助)という日本企業の利益になる形で経済援助するという妥協案を受け入れるだけの度量があった。下手をすれば中国国内で日本に弱腰という批判が出る可能性もあったが、対ソ戦略や米国に対する牽制球という現実主義者としての、また文化大革命という大虐殺をやりきった恐ろしい権力者としての、毛氏の政治決断が優先したのである。

 日本も同様である。田中角栄氏が主導した日中国交回復については、その後、自民党の利権と化したODAのあり方などをめぐって賛否両論はあろうが、当時としてはベストな現実的決断だったと考えられる。だが現在の日中両国にはこうした清濁を併せ呑む度量は確かに欠けているかもしれない。

 一方米国の世論も近年大きく変化している。あまり表面化はしていないが、日本からの撤退論はすでに以前から議論され始めており、ブルマ氏の主張はそろそろタイミングが熟してきているということなのだろう。

 米国は世界の警察官としてグローバルに軍事力を行使することについて国内世論が懐疑的になってきている。日本については、ブッシュ政権時代から、再軍備を促し米国の強固な同盟国として軍事的に独立させるプランと、中国の覇権をある程度容認し、日本の役割は低下させるプランとが併存してきた。
 いずれによせ米国の日本における軍事的なコミットメントは低下させる方針であることに変わりはなく、沖縄から海兵隊を撤退させ、グアムやオーストラリアに再配置しているのは、この考え方の延長線上にある。

 近視眼的には日米同盟をバックに中国の干渉に対して牽制するという方法はある程度功を奏するかもしれないが、長期的にはその戦略は成立しない可能性がある。最終的には米国次第であり、日本には選択肢がないという考え方もあるが、少なくとも米国に対して、日本の希望は主張することができる。米国もある程度は聞く耳を持つだろう。

 無意識的に日米同盟を所与の条件とする、従来の安全保障観が成立しなくなりつつあることだけは確かであり、日本人はそのことをはっきりと自覚すべき時期にきている。

 - 政治

  関連記事

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

pakuobama
朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳 …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …