ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の多くが株高と景気回復を反映したものと理解している。だが日本の金利上昇についてはどのように解釈したらよいのか判断が分かれている。

 長期金利はその国の長期的な経済成長率を反映する。したがって、景気が回復し株価が上昇する局面では金利も上昇してくる(債券が値下がりする)。

 米国景気は着実に回復してきており、株価もそれを反映、ダウは史上最高値を更新した。だが日本の場合、かなり状況が異なる。
 現在日本は、日銀による異次元緩和の真っ最中で、市場には大量の資金が供給されている。国債のほとんどは日銀によって「大人買い」されている状況であり、理論的には金利が下がることになる。

 実際、日銀が量的緩和を発表した直後は金利が急降下したが、その後金利は急上昇するなど市場の混乱が続いている。その後、短期的な混乱は収束したかに見えたが、金利は思いのほか高めに推移し、先週末には一時0.8%の水準まで急上昇した。債券先物市場では、2営業日連続で売買の一時停止措置(サーキット・ブレーカ)が発動された。

 この金利上昇を市場の混乱の延長と見るのか、日本の景気回復の表れと見るのか、あるいはインフレや財政危機の兆候と見るのかで、その意味はまったく異なったものになる。

 日本の財政破綻を懸念する声は根強いが、今すぐにそれが発生すると考える市場関係者は少ない。なにせ日銀が国債市場の7割を買い占めており、今すぐには暴落のしようがないからだ(7割というのは借換債も含んだ数字であり、新規の国債についてはすでに発行額以上を日銀が購入している計算になる。実質的に日本の財政は日銀の直接引き受け状態にある)。

 日銀の量的緩和の開始から1か月しか経っていないことを考えると、とりあえずは市場の混乱の延長か、最近の株高を反映した金利上昇という解釈が主流となるだろう。だが先にも触れたように、日本は実質的に日銀による国債ファインスを実施している状態にあり、このような大胆な賭けを行っているのは、先進国では日本だけである。景気回復を反映した金利上昇であっても、財政危機のリスクが減っているわけではない。
 景気拡大が持続するにしても、財政が実際に好転を始める段階が来るまで、財政危機のリスクはくすぶり続けることになる。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …