ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の多くが株高と景気回復を反映したものと理解している。だが日本の金利上昇についてはどのように解釈したらよいのか判断が分かれている。

 長期金利はその国の長期的な経済成長率を反映する。したがって、景気が回復し株価が上昇する局面では金利も上昇してくる(債券が値下がりする)。

 米国景気は着実に回復してきており、株価もそれを反映、ダウは史上最高値を更新した。だが日本の場合、かなり状況が異なる。
 現在日本は、日銀による異次元緩和の真っ最中で、市場には大量の資金が供給されている。国債のほとんどは日銀によって「大人買い」されている状況であり、理論的には金利が下がることになる。

 実際、日銀が量的緩和を発表した直後は金利が急降下したが、その後金利は急上昇するなど市場の混乱が続いている。その後、短期的な混乱は収束したかに見えたが、金利は思いのほか高めに推移し、先週末には一時0.8%の水準まで急上昇した。債券先物市場では、2営業日連続で売買の一時停止措置(サーキット・ブレーカ)が発動された。

 この金利上昇を市場の混乱の延長と見るのか、日本の景気回復の表れと見るのか、あるいはインフレや財政危機の兆候と見るのかで、その意味はまったく異なったものになる。

 日本の財政破綻を懸念する声は根強いが、今すぐにそれが発生すると考える市場関係者は少ない。なにせ日銀が国債市場の7割を買い占めており、今すぐには暴落のしようがないからだ(7割というのは借換債も含んだ数字であり、新規の国債についてはすでに発行額以上を日銀が購入している計算になる。実質的に日本の財政は日銀の直接引き受け状態にある)。

 日銀の量的緩和の開始から1か月しか経っていないことを考えると、とりあえずは市場の混乱の延長か、最近の株高を反映した金利上昇という解釈が主流となるだろう。だが先にも触れたように、日本は実質的に日銀による国債ファインスを実施している状態にあり、このような大胆な賭けを行っているのは、先進国では日本だけである。景気回復を反映した金利上昇であっても、財政危機のリスクが減っているわけではない。
 景気拡大が持続するにしても、財政が実際に好転を始める段階が来るまで、財政危機のリスクはくすぶり続けることになる。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

doruen201311
ドル円が心理的節目である100円を完全突破?関係者の多くは円安継続を予想

 為替市場において、心理的な節目となっていた1ドル=100円のカベがとうとう破ら …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …