ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国連が飢餓対策に昆虫食を推奨。日本ではすでに昆虫食を趣味にしている人も

 

 国連食糧農業機関(FAO)は5月13日、世界の飢餓対策として、カブトムシやシロアリなどの昆虫を食べることを推奨する報告書を発表した。

 報告書では、地球上ではすでに20億人が昆虫を食べており、食用に用いられる昆虫は1900種以上になるという。
 また昆虫はタンパク質などの栄養価が高く、どこにでも生息し、すぐに増殖することができるため、環境への負荷が少ないという特徴があるとしている。昆虫を食べる習慣を増やすことができれば、飢餓問題が大きく前進するという。

 日本を含む先進国は確かに食に関して想像を絶するムダ使いをしている。
 世界中で生産されているトウモロコシなどの穀物のほとんどは、食用ではなく肉牛を育てるための飼料として使われる。牛肉1キロを生産するのに必要な飼料は8キロにも及ぶ。

 牛肉1キロなど人間は一瞬で食べてしまうが、8キロのトウモロコシがあれば相当の人数を養うことができる。我々は牛丼一杯のために大量の穀物を浪費しているのだ。肉食をやめてしまえば、世界の飢餓問題はあっという間に解決するともいわれている。
 また牛の息から出る大量の二酸化炭素は無視できない量であり、肉食は地球温暖化の隠れた原因にもなっている(温暖化が正しいと仮定すれば)。

 ちなみに昆虫は恒温動物ではないのでエネルギー効率が高く、昆虫1キロの育成に必要な飼料は2キロでよいという。貧困地域では動物性タンパクの摂取が難しいことから、昆虫は現実的な解決策ということなのだろう。

 報告書でも指摘している通り、西欧社会では昆虫食にかなりの抵抗があるようだ。だが、日本では昔から昆虫を食べる習慣がある。最近の若い人はあまり馴染みがないかもしれないが、つい最近まで地方ではイナゴはよく食べられていた。また長野など山間部ではハチノコ(スズメバチの幼虫)が名物となっている。
 逆に最近では、趣味として昆虫食を実践する人も出てきているという。関連のWebサイトやブログもあり、昆虫食好きの女子会まである。

 かつて文化人類学者のレヴィ・ストロースは、牛肉のBSE問題が発生した際、肉食はカニバリズム(人肉を食べる習慣や儀式のこと)に通じる行為であり、地球上から消える運命にあると発言して話題になったことがある。
 肉食が本当に無くなるのかはともかく、一般的傾向として、高度成長している途上国(中国など)は肉食が急拡大するが、成熟社会に入った先進国は肉食が減るという傾向が見られる。現在の途上国がある程度の成熟社会になれば、全地球規模で肉食が減ってくる可能性が高い。
 この大きな流れを考えると、昆虫を食材として活用しようという国連の提言は、理にかなっているのかもしれない。皆さんもひとつ、いかがだろうか?

 - 社会, IT・科学

  関連記事

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …

erica
TIME誌世界の100人にユニクロ柳井氏と共に選ばれた日本人「エリカ様」って誰?

 米TIME誌は4月、毎年恒例となっている「世界で最も影響力のある100人」の2 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

netbankingfusei
ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人 …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …