ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちまちとなっており、先週発表された貿易統計も今ひとつの結果であった。とりあえず穏やかな回復傾向が維持されていることが確認できたが、方向感がはっきりしない状況が続いている。

 鉱工業生産は前年比9.3%の増加となり低水準だった先月よりも0.4%ポイント上回った。ただ過去1年間の平均値よりは0.2ポイント低い数字だ。
 分野別では、化学(12.3%増)、鉱物(11.3%増)などが好調だが、輸送機器や電力などインフラ系の伸び悩みが目立つ。
 また輸出は3.1%と3月よりも1.5ポイント減、2月から比べると4.7ポイント減となっている。インフラ投資が減少し、輸出も振るわない状況がうかがえる。

 小売売上高も同様の結果だった。総合値は前年比12.8%増で先月よりも0.2ポイント増加した。だが14%近くの増加率が続いてた昨年と比較すると、低水準が続いている。

 インフラ投資は中国経済の体質転換を裏付ける結果となった。インフラ投資全体の伸びは前年同期比20.6%と3月よりも若干下回った。分野別では昨年を通じて毎月平均10%もの減少が続いてた鉄道分野の投資が24.6%増と復活した。
 鉄道省は中国最大の公共工事利権官庁だったが、多くの批判が集まり日本の国鉄と同様、解体された(本誌記事「中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を示している」参照)。同時に、インフラ建設主導の途上国モデルから転換するため、鉄道関連のインフラ投資の抑制を進めてきた。ここにきて鉄道関連投資が増えてきたのは、投資縮小が一段落したことを示している。ただほかの指標がさえないこともあり、景気対策としてインフラ投資を増やしている可能性もある。

 5月8日に発表された4月の中国貿易統計は輸出が前年比15%増という好調な数字になっているが、今回発表された鉱工業生産の数値と矛盾する。資本規制が厳しい本土の企業が香港から人民元資金を得るために架空の輸出を行っている可能性が指摘されており、実態は4%増程度といわれる。もしそれが正しいとすると、鉱工工業生産の数値(3.7%)との整合性が取れる(本誌記事「データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた」参照)。

  総合すると、中国経済はインフラ建設主導の10%成長モデルは完全に終了し、穏やかな成長モデルへの移行が進んでいる。だだ、そのペースは緩慢であり、まだ安定成長が保証される状況にはないともいえる。中国経済の今後の成長性について判断を下すためには、もうしばらく様子を見る必要がある。

 - 経済

  関連記事

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …