ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちまちとなっており、先週発表された貿易統計も今ひとつの結果であった。とりあえず穏やかな回復傾向が維持されていることが確認できたが、方向感がはっきりしない状況が続いている。

 鉱工業生産は前年比9.3%の増加となり低水準だった先月よりも0.4%ポイント上回った。ただ過去1年間の平均値よりは0.2ポイント低い数字だ。
 分野別では、化学(12.3%増)、鉱物(11.3%増)などが好調だが、輸送機器や電力などインフラ系の伸び悩みが目立つ。
 また輸出は3.1%と3月よりも1.5ポイント減、2月から比べると4.7ポイント減となっている。インフラ投資が減少し、輸出も振るわない状況がうかがえる。

 小売売上高も同様の結果だった。総合値は前年比12.8%増で先月よりも0.2ポイント増加した。だが14%近くの増加率が続いてた昨年と比較すると、低水準が続いている。

 インフラ投資は中国経済の体質転換を裏付ける結果となった。インフラ投資全体の伸びは前年同期比20.6%と3月よりも若干下回った。分野別では昨年を通じて毎月平均10%もの減少が続いてた鉄道分野の投資が24.6%増と復活した。
 鉄道省は中国最大の公共工事利権官庁だったが、多くの批判が集まり日本の国鉄と同様、解体された(本誌記事「中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を示している」参照)。同時に、インフラ建設主導の途上国モデルから転換するため、鉄道関連のインフラ投資の抑制を進めてきた。ここにきて鉄道関連投資が増えてきたのは、投資縮小が一段落したことを示している。ただほかの指標がさえないこともあり、景気対策としてインフラ投資を増やしている可能性もある。

 5月8日に発表された4月の中国貿易統計は輸出が前年比15%増という好調な数字になっているが、今回発表された鉱工業生産の数値と矛盾する。資本規制が厳しい本土の企業が香港から人民元資金を得るために架空の輸出を行っている可能性が指摘されており、実態は4%増程度といわれる。もしそれが正しいとすると、鉱工工業生産の数値(3.7%)との整合性が取れる(本誌記事「データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた」参照)。

  総合すると、中国経済はインフラ建設主導の10%成長モデルは完全に終了し、穏やかな成長モデルへの移行が進んでいる。だだ、そのペースは緩慢であり、まだ安定成長が保証される状況にはないともいえる。中国経済の今後の成長性について判断を下すためには、もうしばらく様子を見る必要がある。

 - 経済

  関連記事

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

no image
セコムが東電から巨大要塞データセンターを買収。その成否は?

 セコムが東京電力からデータセンターを買収すると日経新聞が報じている。セコムが買 …

fxkisei
金融庁が規制強化へ。ハイリスクなFX投資がここまで普及している国は日本だけ

 このところ金融業界に対する指導を強化している金融庁が、今度はFX(外国為替証拠 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

bouekitoukei201310
貿易赤字の金額がジワジワと拡大。その先に見えてくるのは経常赤字への転落

 財務省は11月20日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …