ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前年比ほぼ横ばいの2兆4786億円、営業損益は1463億円の赤字となり、最終損益は5453億円と過去最大の赤字になった。ただこの数字は当初の予定通りで大きなサプライズはない。

 シャープが抱える問題は今のところ、何一つ解決していない。シャープが抱える問題とは、総額2兆近くにも達する巨額の設備投資にもかかわらず、液晶パネルが想定した価格で売れず、生産設備が無価値になってしまうリスクを抱えていることである。
 当初シャープは台湾の鴻海精密工業との資本提携を予定しており、同グループから出資を受ける予定であった。超巨大企業である鴻海との提携によって液晶工場の稼働率と価格が保証され、シャープは危機から脱することができるはずだった。
 だが鴻海側はシャープに対する経営参画と厳しいリストラを要求、シャープ経営陣はこれを受け入れることができず鴻海との提携を破棄してしまった。

 その後、銀行が追加融資することで倒産は免れてきているが、原価率の向上という根本的な状況はまったく改善されていない。第4四半期では各部門とも何とか営業黒字を確保したが、ちょっと売れ行きが下がれば赤字に転落するだけでなく、工場設備の減損を迫られ、一気に倒産の危機に直面する可能性もある。

 現在シャープの資産は2兆円あるが、自己資本はわずかに1300億円。銀行からの融資があるので何とか経営出来ているが、普通ならいつ倒産してもおかしくない水準だ。ちなみに9月には2000億円のCB(転換社債)の償還を控えており、同社は自己資金でこれを返済することができない。近く銀行から追加融資を受けることになる。
 奥田社長は代表権のない会長に、片山会長は辞任となるが、この人事も主力行からの圧力である可能性が高い。

 同社は決算と同時にようやく中期経営計画を策定した。経営計画では、勝てる分野へのシフト、自前主義からの脱却、ガバナンス体制変革の3つを柱としている。具体的な施策としては、スマホ向け液晶への注力、健康環境分野の強化、アジア重視といったものが列挙されているが、同社の状況を根本的に改善する方策は今のところ見当たらない。

 売上げが2兆5000億円、資産規模も2兆円を超える会社としては、同社はあまりにも運転資金が貧弱な状態だ。同社が攻めの経営に転じるためには、増資や債務削減などの資本政策が不可欠となってきている。少なくとも9月のCB償還まで、あまり身動きが取れないだろう。同社の将来は完全に銀行サイドに握られてしまっている。

 - 経済 ,

  関連記事

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …