ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米投資ファンドがソニーに分社化を要求。グローバルカンパニーならではのプレッシャー

 

 米国の投資ファンドであるサード・ポイントは、5月14日、ソニーの平井社長と面談し、同社のエンタテインメント部門の分社化をはじめとする経営改革案を提言した。

 サード社が求めているのは、ソニーのエンタテインメント部門の分社化と、同社株式の米国における上場。ソニーの既存株主に対しては、分社化後のエンタテイメント事業の株式を所有するオプションを付与することも提案している。

 ソニーの2013年3月期決算は、売上高が5兆6912億円、営業利益が2300億円の黒字となり、営業損益は黒字に転換した。ただ2300億円の黒字の中には不動産の売却益が含まれており(同社は米国基準を採用しており、不動産売却益は営業利益に含まれると主張している)、本業からの利益は半分程度と考えられる(本誌記事「ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益」参照)。
 しかも、利益の大半はソニー生命などの金融事業と映画、音楽などのエンタテインメント部門が稼ぎ出しており、肝心のエレクトロニクス部門は赤字のままとなっている。

 同社の映画部門はもともと米国の会社だったこともあり、現地社会に定着している。この部分を切り出して資金を捻出し、全体の事業再構築を行うというプランはある程度の合理性を持っている。
 ただソニー側は、エンタテインメント部門とエレクトロニクス部門は不可分と主張しており、同ファンドの提案内容については否定的だ。

 ソニーではエンタテインメント部門とエレクロニクス部門をどのように融合させるのかについて、過去20年にわたって激論を続けてきたが、明確な結論が出る前に業績が悪化してしまった。
 元来ソニーは、現在のアップルようなビジネスモデルを模索しており、それが可能な唯一の会社ともいわれてきた。だがコンテンツの囲い込みに固執してしまったことや、伝統的なエレクトロニクス部門との利害相反からビジネスモデルの転換が進まず、結局アップルにすべてを奪われてしまった。現時点では各部門の相乗効果は少なく、バラバラの寄せ集め状態だ。

 ソニーに限らず、日本メーカーの多くは各部門が個別にコスト削減を行い何とか利益を確保している状況で、事業の再構築があまり進んでいない。だが日本の資本市場は経営者に甘く、市場から強い要求が突きつけられることは少ない。
 だがソニーは、日本の電機メーカーでは唯一、本当の意味でのグローバル化に成功した会社であり、それが故に、こうした海外株主からの強烈なリストラ要求に対峙する結果となっている。
 ガラパゴス化している他の日本メーカーは、低収益な経営を持続できるかもしれないが、グローバル企業であるソニーはそれが許されない。分社化プランの是非はともかく、抜本的なリストラ策を市場に提示できなければ、株主からの圧力はさらに高まってくることになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …