ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速増殖炉「もんじゅ」が事実上、凍結される可能性が出てきた。

 高速増殖炉「もんじゅ」は昨年、約1万点の機器に関する点検漏れが発覚し、原子力規制委員会が検査を実施していた。5月15日、同委員会は、「もんじゅ」を運営する日本原子力研究開発機構に対して体制の見直しを求める命令を出すことを決定した。

 「もんじゅ」は1995年にナトリウム漏れが発生。その後、2010年に原子炉内に機器が落下する事故を起こし、現在は運転を停止している。
 規制委員会が求める体制の見直しには時間がかかるほか、敷地内に活断層があるとの指摘も出されており、「もんじゅ」が運転を再開するのは事実上困難になりつつある。

 高速増殖炉は日本が掲げていた核燃料サイクル政策の中核となる原子炉。通常の軽水炉はウランを燃料としているが、その使用済み燃料の中には、再度燃料に利用できるプルトニウムが含まれている。使用済み燃料を再処理しプルトニウムを取り出すことで燃料の再利用が可能となるほか、プルトニウムを積極的に生成できる専用の原子炉を建造することで、理論的には元のウランの70倍もの燃料を確保することができる。そのための原子炉が高速増殖炉である。

 だが高速増殖炉は、減速材と冷却剤に液体ナトリウムという危険性の高い物質を使用している。2次冷却に使用する水と触れると大事故に発展する可能性があり、安全性をめぐっては一部から批判が出ていた。また核燃料の再処理事業もトラブル続きで、青森県六ヶ所村に建設した施設は予定通りに稼働していない。再処理後に出てくる高レベル放射性廃棄物の最終処分場について、立地のメドがまったくメドが立っていないという問題もある。

 そのような中、「もんじゅ」がナトリウム漏れ事故や機材の落下事故を起こしたことで、核燃料サイクル政策の将来が危ぶまれていたが、今回の措置でその可能性がより高まってきた。
 核燃料サイクル事業には「もんじゅ」だけでも1兆円以上、すべての事業を含めると10兆円近くの費用が投入されている。そのほとんどは税金と電気料金への上乗せで賄われてきた。エネルギーの自給という壮大な目標を掲げてスタートした戦後最大級の国家プロジェクトは、破綻に近づきつつある。

 - 政治, 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

satsutaba02
預金封鎖と財産税が密かな話題となっている背景とは?

 終戦直後に実施された預金封鎖と財産税がちょっとした話題になっている。NHKが夜 …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …