ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速増殖炉「もんじゅ」が事実上、凍結される可能性が出てきた。

 高速増殖炉「もんじゅ」は昨年、約1万点の機器に関する点検漏れが発覚し、原子力規制委員会が検査を実施していた。5月15日、同委員会は、「もんじゅ」を運営する日本原子力研究開発機構に対して体制の見直しを求める命令を出すことを決定した。

 「もんじゅ」は1995年にナトリウム漏れが発生。その後、2010年に原子炉内に機器が落下する事故を起こし、現在は運転を停止している。
 規制委員会が求める体制の見直しには時間がかかるほか、敷地内に活断層があるとの指摘も出されており、「もんじゅ」が運転を再開するのは事実上困難になりつつある。

 高速増殖炉は日本が掲げていた核燃料サイクル政策の中核となる原子炉。通常の軽水炉はウランを燃料としているが、その使用済み燃料の中には、再度燃料に利用できるプルトニウムが含まれている。使用済み燃料を再処理しプルトニウムを取り出すことで燃料の再利用が可能となるほか、プルトニウムを積極的に生成できる専用の原子炉を建造することで、理論的には元のウランの70倍もの燃料を確保することができる。そのための原子炉が高速増殖炉である。

 だが高速増殖炉は、減速材と冷却剤に液体ナトリウムという危険性の高い物質を使用している。2次冷却に使用する水と触れると大事故に発展する可能性があり、安全性をめぐっては一部から批判が出ていた。また核燃料の再処理事業もトラブル続きで、青森県六ヶ所村に建設した施設は予定通りに稼働していない。再処理後に出てくる高レベル放射性廃棄物の最終処分場について、立地のメドがまったくメドが立っていないという問題もある。

 そのような中、「もんじゅ」がナトリウム漏れ事故や機材の落下事故を起こしたことで、核燃料サイクル政策の将来が危ぶまれていたが、今回の措置でその可能性がより高まってきた。
 核燃料サイクル事業には「もんじゅ」だけでも1兆円以上、すべての事業を含めると10兆円近くの費用が投入されている。そのほとんどは税金と電気料金への上乗せで賄われてきた。エネルギーの自給という壮大な目標を掲げてスタートした戦後最大級の国家プロジェクトは、破綻に近づきつつある。

 - 政治, 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

murakmiharuki
村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。 …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

girishazaimusho
革ジャケットを羽織って交渉の場に現れたギリシャの財務相。果たして会議は踊るのか?

 債務問題をめぐるEU(欧州連合)とギリシャの交渉が始まったが、双方が立場を譲ら …

koujousen
福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管 …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

hagel
次期国防長官のヘーゲル氏。議会の公聴会で中国への懸念を示すもホンネは別?

 米オバマ大統領が次期米国防長官に指名している共和党のヘーゲル元上院議員に関する …