ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

釈由美子がGACKTの愛人であることが発覚。つくづく「だめんず」な体質の釈

 

 女優の釈由美子がGACKT(ガクト)と長年にわたって親密交際していたことを週刊文春がスクープしている。GACKTの元側近の人物が明らかにしたという。GACKTは釈以外にも多数セフレ(元モーニング娘。のAもそのひとり)がおり、釈はその中の一人にすぎないとのことだ。

 それにしても釈はつくづく男運がない、というよりダメ男を選んでしまう体質のようだ。

 6年ほど前、当時イケイケのウエディング企業「テイクアンドギヴ・ニーズ」の野尻佳孝社長と熱愛報道があった。隠密旅行のフライデーされたのがきっかけだが、野尻社長側からデートの情報がマスコミにリークされていたことが発覚。釈がブチ切れて即刻別れた。知人には「社長なんてもうたくさん。地味でフツーの人がいい」と漏らしていた。

 だがセレブ好きの血が騒ぐのか、今度は2010年にイケメン獣医と婚約を発表。ところが、その後、あっという間に婚約を解消してしまった。理由は定かではないが、相手の両親の猛反対。釈が話題作りに彼を利用していると誤解されたらしい。

 「芸能人にしては不器用」(TV局関係者)という釈は、その後、劇太り、酒浸りになり、しばらくスランプが続き、最近ようやくもとのペースを取り戻しつつあった。

 そんな時にGACKTの愛人報道。しかもGACKTは経理処理をめぐる疑惑で国税庁にも目をつけられている真っ最中。つくづくアンラッキーである。

 釈も34歳になる。この際、覚悟を決めて、スキャンダル女優になればいいのでは?

 - 芸能

  関連記事

no image
週刊新潮のAKBスキャンダル記事で、秋元康氏の「昭和っぷり」が明らかに

 AKB48を従え向かうところ敵なしの秋元康氏だが、週刊新潮に大々的にスキャンダ …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

murakami
今年もノーベル賞を逃した村上春樹って、そんなにスゴイ作家なの?

 毎年ノーベル文学賞の最有力候補といわれながら、今年も受賞を逃した作家の村上春樹 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

PISTORIUS01
両足義足のランナー。南アフリカの自宅でモデルの恋人を銃で射殺

 両足義足のランナーとして史上初めて五輪出場を果たした南アフリカのオスカー・ピス …

murakmiharuki
村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。 …

no image
スギちゃんTV収録中に大事故。頭を抱えるサンミュージック

 お笑い芸人のスギちゃんが、TV収録中の事故で全治3ヶ月の重症を負ってしまったこ …

dasubeida
ディズニーがスターウォーズを巨額買収。新作も投入予定

 エンターテインメント大手の米ウォルト・ディズニーは、人気映画「スター・ウォーズ …

kaharatomomi03
歌手の華原朋美が活動再開。だが12年前とまったく同じセリフに一抹の不安が・・・

 芸能活動を休止していた「朋ちゃん」こと、歌手の華原朋美が5年ぶりに活動を再開す …