ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月13日、中国を訪問し、国務院の汪洋副総理と会談したと報じている。

 市場関係者はバフェットしの訪中について、2つの点で注目している。ひとつはバフェット氏の中国投資再開の可能性である。バフェット氏は以前、中国最大の石油会社である中国石油に投資していたことがあるがすでに売却済み。現在では中国の電気自動車大手のBYDを保有している。

 BYDはバフェット氏が投資したことが明らかになると急騰し、10ドル前後だった株価は一時80ドルを超えるまで上昇した。だが、その後同社の成長に疑問符が付き、株価は下落、現在は30ドル前後となっている。バフェット氏が同社株を売却するとの噂が出ていたが、中国メディアの取材に対してバフェット氏は明確にこれを否定した。

 バフェット氏は訪中の目的を明らかにしていないが、新しい投資先候補の調査ではないかと考えられている。最近同氏は中国企業について否定的な見解を述べていたが、今回の訪中が調査目的だとすると、そのスタンスが見直される可能性が出てきたことになる。

 もうひとつの注目点が、バフェット氏と会談した要人が汪洋副総理であるという点だ。汪洋氏は胡錦濤前国家主席の懐刀といわれた人物で改革派のホープ。李克強首相と並んで、中国市場の改革開放に積極的といわれる。
 一方、その先鋭的な姿勢が批判の対象ともなっており、習近平氏などが属する太子党や江沢民グループとは敵対している。昨年11月に行われた中国共産党大会では、保守派からの猛反発によって政治局常務委員入りを阻まれた(本誌記事「中国共産党が次期指導部を選出。太子党は大勝利」参照)。
 李氏は首相就任が内定してから、積極的に米国の市場関係者と会談している。今回、汪洋氏とバフェット氏が会談したことで、中国の金融市場の開放に関して何らかの動きがあるのではと見る市場関係者は多い。

 中国でもバフェット氏はカリスマ的人気がある。また、中国経済は穏やかな成長軌道にスムーズに転換できるかどうかという微妙な時期にあるため、バフェット氏の訪中をめぐっては中国国内でも様々な噂が流れている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …