ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月13日、中国を訪問し、国務院の汪洋副総理と会談したと報じている。

 市場関係者はバフェットしの訪中について、2つの点で注目している。ひとつはバフェット氏の中国投資再開の可能性である。バフェット氏は以前、中国最大の石油会社である中国石油に投資していたことがあるがすでに売却済み。現在では中国の電気自動車大手のBYDを保有している。

 BYDはバフェット氏が投資したことが明らかになると急騰し、10ドル前後だった株価は一時80ドルを超えるまで上昇した。だが、その後同社の成長に疑問符が付き、株価は下落、現在は30ドル前後となっている。バフェット氏が同社株を売却するとの噂が出ていたが、中国メディアの取材に対してバフェット氏は明確にこれを否定した。

 バフェット氏は訪中の目的を明らかにしていないが、新しい投資先候補の調査ではないかと考えられている。最近同氏は中国企業について否定的な見解を述べていたが、今回の訪中が調査目的だとすると、そのスタンスが見直される可能性が出てきたことになる。

 もうひとつの注目点が、バフェット氏と会談した要人が汪洋副総理であるという点だ。汪洋氏は胡錦濤前国家主席の懐刀といわれた人物で改革派のホープ。李克強首相と並んで、中国市場の改革開放に積極的といわれる。
 一方、その先鋭的な姿勢が批判の対象ともなっており、習近平氏などが属する太子党や江沢民グループとは敵対している。昨年11月に行われた中国共産党大会では、保守派からの猛反発によって政治局常務委員入りを阻まれた(本誌記事「中国共産党が次期指導部を選出。太子党は大勝利」参照)。
 李氏は首相就任が内定してから、積極的に米国の市場関係者と会談している。今回、汪洋氏とバフェット氏が会談したことで、中国の金融市場の開放に関して何らかの動きがあるのではと見る市場関係者は多い。

 中国でもバフェット氏はカリスマ的人気がある。また、中国経済は穏やかな成長軌道にスムーズに転換できるかどうかという微妙な時期にあるため、バフェット氏の訪中をめぐっては中国国内でも様々な噂が流れている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …

microsofthead
マイクロソフトが40年続いたビジネス・モデルを大転換。ソフトは完全に利用するモノへ

 米マイクロソフトは2015年7月29日、基本ソフト(OS)の新製品である「ウィ …

rikokkyokerry
オバマ大統領の欠席で中国は時間稼ぎに成功。東アジア首脳会議の成果は今ひとつ

 ASEAN(東南アジア諸国連合)各国と日米中などが参加する東アジア首脳会議が1 …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …