ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月13日、中国を訪問し、国務院の汪洋副総理と会談したと報じている。

 市場関係者はバフェットしの訪中について、2つの点で注目している。ひとつはバフェット氏の中国投資再開の可能性である。バフェット氏は以前、中国最大の石油会社である中国石油に投資していたことがあるがすでに売却済み。現在では中国の電気自動車大手のBYDを保有している。

 BYDはバフェット氏が投資したことが明らかになると急騰し、10ドル前後だった株価は一時80ドルを超えるまで上昇した。だが、その後同社の成長に疑問符が付き、株価は下落、現在は30ドル前後となっている。バフェット氏が同社株を売却するとの噂が出ていたが、中国メディアの取材に対してバフェット氏は明確にこれを否定した。

 バフェット氏は訪中の目的を明らかにしていないが、新しい投資先候補の調査ではないかと考えられている。最近同氏は中国企業について否定的な見解を述べていたが、今回の訪中が調査目的だとすると、そのスタンスが見直される可能性が出てきたことになる。

 もうひとつの注目点が、バフェット氏と会談した要人が汪洋副総理であるという点だ。汪洋氏は胡錦濤前国家主席の懐刀といわれた人物で改革派のホープ。李克強首相と並んで、中国市場の改革開放に積極的といわれる。
 一方、その先鋭的な姿勢が批判の対象ともなっており、習近平氏などが属する太子党や江沢民グループとは敵対している。昨年11月に行われた中国共産党大会では、保守派からの猛反発によって政治局常務委員入りを阻まれた(本誌記事「中国共産党が次期指導部を選出。太子党は大勝利」参照)。
 李氏は首相就任が内定してから、積極的に米国の市場関係者と会談している。今回、汪洋氏とバフェット氏が会談したことで、中国の金融市場の開放に関して何らかの動きがあるのではと見る市場関係者は多い。

 中国でもバフェット氏はカリスマ的人気がある。また、中国経済は穏やかな成長軌道にスムーズに転換できるかどうかという微妙な時期にあるため、バフェット氏の訪中をめぐっては中国国内でも様々な噂が流れている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

no image
Facebook経営陣が株を売らないことを無理やり約束させられた件

 Facebookのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、保有する同社株を少 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

usakoyoutoukei201508
8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数 …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

no image
ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調 …

nenkin02
欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …