ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月13日、中国を訪問し、国務院の汪洋副総理と会談したと報じている。

 市場関係者はバフェットしの訪中について、2つの点で注目している。ひとつはバフェット氏の中国投資再開の可能性である。バフェット氏は以前、中国最大の石油会社である中国石油に投資していたことがあるがすでに売却済み。現在では中国の電気自動車大手のBYDを保有している。

 BYDはバフェット氏が投資したことが明らかになると急騰し、10ドル前後だった株価は一時80ドルを超えるまで上昇した。だが、その後同社の成長に疑問符が付き、株価は下落、現在は30ドル前後となっている。バフェット氏が同社株を売却するとの噂が出ていたが、中国メディアの取材に対してバフェット氏は明確にこれを否定した。

 バフェット氏は訪中の目的を明らかにしていないが、新しい投資先候補の調査ではないかと考えられている。最近同氏は中国企業について否定的な見解を述べていたが、今回の訪中が調査目的だとすると、そのスタンスが見直される可能性が出てきたことになる。

 もうひとつの注目点が、バフェット氏と会談した要人が汪洋副総理であるという点だ。汪洋氏は胡錦濤前国家主席の懐刀といわれた人物で改革派のホープ。李克強首相と並んで、中国市場の改革開放に積極的といわれる。
 一方、その先鋭的な姿勢が批判の対象ともなっており、習近平氏などが属する太子党や江沢民グループとは敵対している。昨年11月に行われた中国共産党大会では、保守派からの猛反発によって政治局常務委員入りを阻まれた(本誌記事「中国共産党が次期指導部を選出。太子党は大勝利」参照)。
 李氏は首相就任が内定してから、積極的に米国の市場関係者と会談している。今回、汪洋氏とバフェット氏が会談したことで、中国の金融市場の開放に関して何らかの動きがあるのではと見る市場関係者は多い。

 中国でもバフェット氏はカリスマ的人気がある。また、中国経済は穏やかな成長軌道にスムーズに転換できるかどうかという微妙な時期にあるため、バフェット氏の訪中をめぐっては中国国内でも様々な噂が流れている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

mof02
2014年度予算の総額が96兆円になったことには明確な理由がある

 政府は2013年12月24日、2014年度予算案を閣議決定した。社会保障費の伸 …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …