ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経済成長率を発表した。ユーロ圏17カ国の実質GDP成長率は前期比でマイナス0.2%となり、6四半期連続のマイナス成長となった。またEU27か国の成長率もマイナス0.1%となった。

  EUは5月3日にすでに2013年のGDP成長率見通しを発表しており、それによるとユーロ圏はマイナス0.4%、EUはマイナス0.1%となる見込み(本誌記事「EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?」参照)。したがって1~3月期のGDPの数値が良くないことは予想の範囲内であった。
 だが足下における景気の失速があらためて確認されたことで、緊縮策の見直しなど政治的な動きがさらに加速する可能性が出てきている。

 国別では、ドイツと英国がそれぞれプラス転換となった。ドイツは前期のマイナス0.7%からプラス0.1%に、英国はマイナス0.3%からプラス0.3%となった。だがフランスはマイナス0.2%と横ばい、イタリアはマイナス0.5%と前期のマイナス0.9%からは改善は見られるものの、以前としてマイナス成長のまま。オランダも同様にマイナス0.1%となっている。財政危機を起こしているスペインはマイナス0.8%からマイナス0.5%へと改善が見られた。

 欧州中央銀行(ECB)はすでに政策金利を0.25%引き下げ、過去最低の0.5%にすることを決定している。追加利下げの可能性は高く、ドラギ総裁はマイナス金利にも言及している。

 欧州の景気失速は、EUの枠組みに対して2つの大きな影響を与える可能性が高い。ひとつは、これまでEUの基本路線であった緊縮策の見直しである。すでにイタリアは部分的な緊縮策の見直しを表明しているほか、フランスも財政再建の期限を延長する方針だ。これまで緊縮策を強く主張してきたドイツのリーダーシップが弱まる可能性が出てくる。
 もうひとつは英国のEU脱退論の盛り上がりである。英国では、EU脱退論が広がりを見せており、キャメロン首相は2017年までに国民投票を実施する方針を明らかにしている。5月2日の統一地方選では、EU脱退を主張する政党が大躍進し、連立与党や野党労働党を慌てさせた(本誌記事「英国でEU脱退を主張する政党が大躍進」参照)。相対的に良好な英国の経済情勢が、EU脱退論に拍車をかける可能性がある。

 欧州の景気動向は日本経済に直接的な影響を与えるわけではない。だが、欧州の景気悪化がユーロ安をもたらすようなことになれば、日本の円安政策とは利害が一致しなくなる。また欧州は中国の最大の輸出先であり、中国の景気動向には大きな影響を及ぼす可能性が高い。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …