ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価変動の影響を除いた実質成長率は前期比0.9%増、年率換算では3.5%増となった。好調な個人消費が数値を押し上げた。実質成長率がプラスになるのは2四半期連続。ただし、物価を考慮しない名目値では0.4%増にとどまっており、デフレ脱却はまだ不完全であることも伺わせる内容となった。

 需要項目ごとの前期(2012年9~12月期)に対する伸び率については、個人消費が0.9%と2四半期連続でプラスとなった。株高によって消費者心理が好転して消費が拡大した。住宅投資も1.9%増加している。

 一方、民間の設備投資はマイナス0.7%と低迷している。民間の設備投資の減少は5四半期連続で、国内での設備投資が進まない現状を反映している。公共投資は0.8%増だった。

 一方GDP成長に対する寄与度は、内需が0.5%、外需が0.4%となっている。内需のうちのほとんどが国内消費の増加によるものとなっており、個人消費主導の回復であることがこの数値からも裏付けられる。

 このところ日本は完全に貿易赤字が定着しており、これがGDP成長に悪影響を与える可能性がかねてから指摘されてきた(貿易赤字はGDPのマイナス要因)。だが今期の数値では意外に外需の寄与度が大きかった。
 名目値での純輸出は最近の円安やエネルギー輸入増を反映して大幅な赤字となっているものの、価格を考慮した実質輸出入値ではプラスの値を維持している。これが成長率に大きく寄与する形となった。ただ、現実の赤字幅は依然として拡大しており、手放しで喜べる状態ではない。
 物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期比でマイナス1.2%となり、低迷が続いている。全般的なデフレ傾向はまだ脱却したとはいえないことが分かる。

 総合すると、個人消費が増加していることで、多少の明るさが見えているが、企業の設備投資は依然として低水準で、全般的なデフレ傾向も完全には解消されていないということがいえる。

  ちなみに15日に発表されたユーロ圏17カ国における第1四半期GDP成長率はマイナス0.2%と低迷しており、欧州の景気失速が深刻化している。日本はデフレによる実質値のかさ上げという面を考慮に入れる必要があるが、欧州と比べれば相対的に優位な状況になっている。

 - 経済 ,

  関連記事

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

meti03
650万円の生活費を2年支給するというベンチャー支援策が登場する背景

 政府が、起業を後押しするために、650万円の生活費を最長で2年間支給する制度を …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

birukensetsu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …