ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価変動の影響を除いた実質成長率は前期比0.9%増、年率換算では3.5%増となった。好調な個人消費が数値を押し上げた。実質成長率がプラスになるのは2四半期連続。ただし、物価を考慮しない名目値では0.4%増にとどまっており、デフレ脱却はまだ不完全であることも伺わせる内容となった。

 需要項目ごとの前期(2012年9~12月期)に対する伸び率については、個人消費が0.9%と2四半期連続でプラスとなった。株高によって消費者心理が好転して消費が拡大した。住宅投資も1.9%増加している。

 一方、民間の設備投資はマイナス0.7%と低迷している。民間の設備投資の減少は5四半期連続で、国内での設備投資が進まない現状を反映している。公共投資は0.8%増だった。

 一方GDP成長に対する寄与度は、内需が0.5%、外需が0.4%となっている。内需のうちのほとんどが国内消費の増加によるものとなっており、個人消費主導の回復であることがこの数値からも裏付けられる。

 このところ日本は完全に貿易赤字が定着しており、これがGDP成長に悪影響を与える可能性がかねてから指摘されてきた(貿易赤字はGDPのマイナス要因)。だが今期の数値では意外に外需の寄与度が大きかった。
 名目値での純輸出は最近の円安やエネルギー輸入増を反映して大幅な赤字となっているものの、価格を考慮した実質輸出入値ではプラスの値を維持している。これが成長率に大きく寄与する形となった。ただ、現実の赤字幅は依然として拡大しており、手放しで喜べる状態ではない。
 物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期比でマイナス1.2%となり、低迷が続いている。全般的なデフレ傾向はまだ脱却したとはいえないことが分かる。

 総合すると、個人消費が増加していることで、多少の明るさが見えているが、企業の設備投資は依然として低水準で、全般的なデフレ傾向も完全には解消されていないということがいえる。

  ちなみに15日に発表されたユーロ圏17カ国における第1四半期GDP成長率はマイナス0.2%と低迷しており、欧州の景気失速が深刻化している。日本はデフレによる実質値のかさ上げという面を考慮に入れる必要があるが、欧州と比べれば相対的に優位な状況になっている。

 - 経済 ,

  関連記事

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

bouekitoukei 201507
貿易赤字は4カ月連続だが、赤字幅は縮小均衡。しばらくこの状態が続く?

 財務省は2015年8月17日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …