ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライトを取りやめる事例も多発していることが明らかになった。

 一連のトラブルの原因は、かねてからの噂通り、労働組合の自作自演の可能性が濃厚となってきている。当初は控え目だったメディアの報道も、乗客へのインタビューという形をとりながら、実質的に組合が実行犯であるとのトーンを強めている。

 アメリカといえば、規制緩和を極端に進める激烈な市場原理社会というイメージが強い。そのような環境において、反社会的ですらあるエゴ丸出しの組合運動が存在していることに意外感を持つ人も多いかもしれない。

 だがアメリカもいろいろである。規制緩和と構造改革が進んだ現在でも、一部の航空会社や、半官半民の鉄道公社(Amtrak)などには、強烈な既得権益層が存在している。

 またかつては組合運動そのものが、ハンパなレベルではなかった。

 トラック運転手組合の「チームスター」は、1970年代、マフィアと組んでラスベガスのカジノを実質的に所有し、莫大な利益を上げていたこともあった。当時の組合のボスは今だに行方不明のままだ。

 規制緩和、構造改革といっても、なかなか一筋縄ではいかないことをアメリカン航空の一連の事件は暗示している。

 - 社会, 経済

  関連記事

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

asakusa
日本に来る外国人観光客の数が諸外国と比べて異常に少ないのはなぜ?

 世界経済フォーラムは3月7日、2013年の旅行・観光競争力ランキングを発表した …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …