ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライトを取りやめる事例も多発していることが明らかになった。

 一連のトラブルの原因は、かねてからの噂通り、労働組合の自作自演の可能性が濃厚となってきている。当初は控え目だったメディアの報道も、乗客へのインタビューという形をとりながら、実質的に組合が実行犯であるとのトーンを強めている。

 アメリカといえば、規制緩和を極端に進める激烈な市場原理社会というイメージが強い。そのような環境において、反社会的ですらあるエゴ丸出しの組合運動が存在していることに意外感を持つ人も多いかもしれない。

 だがアメリカもいろいろである。規制緩和と構造改革が進んだ現在でも、一部の航空会社や、半官半民の鉄道公社(Amtrak)などには、強烈な既得権益層が存在している。

 またかつては組合運動そのものが、ハンパなレベルではなかった。

 トラック運転手組合の「チームスター」は、1970年代、マフィアと組んでラスベガスのカジノを実質的に所有し、莫大な利益を上げていたこともあった。当時の組合のボスは今だに行方不明のままだ。

 規制緩和、構造改革といっても、なかなか一筋縄ではいかないことをアメリカン航空の一連の事件は暗示している。

 - 社会, 経済

  関連記事

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

hondasayama
自動車の国内市場に異変。ホンダは主力工場閉鎖、トヨタは販売戦略を見直し

 自動車メーカーの国内生産や国内販売に異変が起きている。ホンダは主力工場の閉鎖を …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

ryusigun
中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職 …

bouekitoukei 201502
2月の貿易収支は先月に引き続いて改善。輸出の米国依存がより鮮明に

 財務省は2015年3月18日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …