ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

女優アンジェリーナ・ジョリーが悩んだ、がん予防手術のリスクとベネフィット

 

 米国の著名女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの発症を未然に防ぐために乳腺切除手術を受けていたことを明らかにした。米国では遺伝子検査を受けることで、特定の病気の発症リスクを事前に調べ、予防手術を受ける人が増加しているが、著名人がそれを明らかにしたことから大きな話題となっている。

 ジョリーさんは、遺伝子検査によってBRCA1と呼ばれるがん抑制遺伝子に変異があることが判明した。
 ジョリーさんの乳がん発症リスクは87%、卵巣がん発症リスクは50%にもなるという。ジョリーさんの母親は56歳で亡くなっており、子供達のことを考えて切除手術を受けることにした。手術を受けたことでジョリーさんの乳がんリスクは5%にまで減少しているという。

 だがジョリーさんはこれで完全に安心できる状況になったわけではない。卵巣がんの発症リスクが残っているからである。
 卵巣の摘出手術は乳腺の手術に比べて複雑でリスクも高い。手術後に別な疾患を引き起こす可能性もあり、より慎重さを必要とする。ジョリーさんは今後、卵巣の摘出手術も考えているという。

 がんには個人差があるが、一般に乳がんと卵巣がんでは、卵巣がんの方が危険度が高い。
 卵巣がんは抗がん剤が効きやすいがんといわれるが、早期発見が極めて難しいという特徴がある。ステージ1で発見できれば5年生存率は90%を超えるが、多くはステージ3で発見される。ステージ3の5年生存率は31%、ステージ4の場合には12%しかない(国立がん研究センターの実績)。日本では卵巣がんに年間2万人程度が罹患するといわれる。

 一方乳がんは、ステージ4の生存率は卵巣がんと変わらないが、ステージ3の生存率は72%と比較的高い。しかも発見は卵巣がんよりも容易であることを考えると、共存が可能ながんといえる。日本では年間6万人の罹患者がいる。

  乳がんは卵巣がんの3倍の患者数だが、発見も容易で卵巣がんよりは生存確率が高い。一方、卵巣がんは乳がんよりも患者数が少ないが、発見が遅れると致命的だ。しかも切除する手術の負担は卵巣の方が重い。
 切除にあたっては、リスクとベネフィットでかなり悩ましい選択を迫られることになる。米国のメディアでは、乳がん予防に乳房の切除を行った1年後にステージ4の卵巣がんが発見されたという不幸な事例も紹介されている。

 いくら技術が発達して病気の発症をある程度予測できるようになったとしても、結局はリスクとベネフィットの兼ね合いで悩むことになる。病気の予防のために手術で臓器を切除してしまうことに対する是非も含めて、なかなか難しい問題といえる。

 - 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

basuke
一連の体罰問題。内容は全く違うが、社会的な構造はインドの「あの事件」と類似している

 大阪市立桜宮高校で男子生徒が自殺した事件に端を発した体罰問題は、全国各地で告発 …

weizugamen
道路情報シェアのアプリをめぐって米で騒動。問われるインテリジェンス能力

 渋滞など道路情報をシェアするアプリ「Waze」をめぐって米国でちょっとした騒動 …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

ryusigun
中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職 …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …