ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

女優アンジェリーナ・ジョリーが悩んだ、がん予防手術のリスクとベネフィット

 

 米国の著名女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの発症を未然に防ぐために乳腺切除手術を受けていたことを明らかにした。米国では遺伝子検査を受けることで、特定の病気の発症リスクを事前に調べ、予防手術を受ける人が増加しているが、著名人がそれを明らかにしたことから大きな話題となっている。

 ジョリーさんは、遺伝子検査によってBRCA1と呼ばれるがん抑制遺伝子に変異があることが判明した。
 ジョリーさんの乳がん発症リスクは87%、卵巣がん発症リスクは50%にもなるという。ジョリーさんの母親は56歳で亡くなっており、子供達のことを考えて切除手術を受けることにした。手術を受けたことでジョリーさんの乳がんリスクは5%にまで減少しているという。

 だがジョリーさんはこれで完全に安心できる状況になったわけではない。卵巣がんの発症リスクが残っているからである。
 卵巣の摘出手術は乳腺の手術に比べて複雑でリスクも高い。手術後に別な疾患を引き起こす可能性もあり、より慎重さを必要とする。ジョリーさんは今後、卵巣の摘出手術も考えているという。

 がんには個人差があるが、一般に乳がんと卵巣がんでは、卵巣がんの方が危険度が高い。
 卵巣がんは抗がん剤が効きやすいがんといわれるが、早期発見が極めて難しいという特徴がある。ステージ1で発見できれば5年生存率は90%を超えるが、多くはステージ3で発見される。ステージ3の5年生存率は31%、ステージ4の場合には12%しかない(国立がん研究センターの実績)。日本では卵巣がんに年間2万人程度が罹患するといわれる。

 一方乳がんは、ステージ4の生存率は卵巣がんと変わらないが、ステージ3の生存率は72%と比較的高い。しかも発見は卵巣がんよりも容易であることを考えると、共存が可能ながんといえる。日本では年間6万人の罹患者がいる。

  乳がんは卵巣がんの3倍の患者数だが、発見も容易で卵巣がんよりは生存確率が高い。一方、卵巣がんは乳がんよりも患者数が少ないが、発見が遅れると致命的だ。しかも切除する手術の負担は卵巣の方が重い。
 切除にあたっては、リスクとベネフィットでかなり悩ましい選択を迫られることになる。米国のメディアでは、乳がん予防に乳房の切除を行った1年後にステージ4の卵巣がんが発見されたという不幸な事例も紹介されている。

 いくら技術が発達して病気の発症をある程度予測できるようになったとしても、結局はリスクとベネフィットの兼ね合いで悩むことになる。病気の予防のために手術で臓器を切除してしまうことに対する是非も含めて、なかなか難しい問題といえる。

 - 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

yume
キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人 …