ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

女優アンジェリーナ・ジョリーが悩んだ、がん予防手術のリスクとベネフィット

 

 米国の著名女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの発症を未然に防ぐために乳腺切除手術を受けていたことを明らかにした。米国では遺伝子検査を受けることで、特定の病気の発症リスクを事前に調べ、予防手術を受ける人が増加しているが、著名人がそれを明らかにしたことから大きな話題となっている。

 ジョリーさんは、遺伝子検査によってBRCA1と呼ばれるがん抑制遺伝子に変異があることが判明した。
 ジョリーさんの乳がん発症リスクは87%、卵巣がん発症リスクは50%にもなるという。ジョリーさんの母親は56歳で亡くなっており、子供達のことを考えて切除手術を受けることにした。手術を受けたことでジョリーさんの乳がんリスクは5%にまで減少しているという。

 だがジョリーさんはこれで完全に安心できる状況になったわけではない。卵巣がんの発症リスクが残っているからである。
 卵巣の摘出手術は乳腺の手術に比べて複雑でリスクも高い。手術後に別な疾患を引き起こす可能性もあり、より慎重さを必要とする。ジョリーさんは今後、卵巣の摘出手術も考えているという。

 がんには個人差があるが、一般に乳がんと卵巣がんでは、卵巣がんの方が危険度が高い。
 卵巣がんは抗がん剤が効きやすいがんといわれるが、早期発見が極めて難しいという特徴がある。ステージ1で発見できれば5年生存率は90%を超えるが、多くはステージ3で発見される。ステージ3の5年生存率は31%、ステージ4の場合には12%しかない(国立がん研究センターの実績)。日本では卵巣がんに年間2万人程度が罹患するといわれる。

 一方乳がんは、ステージ4の生存率は卵巣がんと変わらないが、ステージ3の生存率は72%と比較的高い。しかも発見は卵巣がんよりも容易であることを考えると、共存が可能ながんといえる。日本では年間6万人の罹患者がいる。

  乳がんは卵巣がんの3倍の患者数だが、発見も容易で卵巣がんよりは生存確率が高い。一方、卵巣がんは乳がんよりも患者数が少ないが、発見が遅れると致命的だ。しかも切除する手術の負担は卵巣の方が重い。
 切除にあたっては、リスクとベネフィットでかなり悩ましい選択を迫られることになる。米国のメディアでは、乳がん予防に乳房の切除を行った1年後にステージ4の卵巣がんが発見されたという不幸な事例も紹介されている。

 いくら技術が発達して病気の発症をある程度予測できるようになったとしても、結局はリスクとベネフィットの兼ね合いで悩むことになる。病気の予防のために手術で臓器を切除してしまうことに対する是非も含めて、なかなか難しい問題といえる。

 - 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …

inseki
ロシアの隕石落下地点は、かつて大事故を起こした核施設のすぐ近くだった

 ロシアのウラル地方に落下した隕石は、広範囲にわたって被害をもたらし、負傷者は1 …

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

kokou
高校教育の質は偏差値には影響を与えないが、仕事をする能力には影響を与えている!

 政府の教育再生実行会議が、国立大学入試を学力だけの評価から人物など多面的な評価 …