ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教育委員会のあり方やいじめ問題などに関する議論が中心となっていた教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)において、小学校における英語の正式教科への格上げや大学入試でのTOEFL義務付けなどに関する議論が始まった。
 産業競争力会議においても、楽天会長の三木谷氏が英語教育を強化するための緊急提言を行うなど、関連した動きが見られる。

 日本では過去何十年にもわたって英語教育の重要性が叫ばれてきたが、効果的な英語教育は行われてこなかった。
 中国に抜かされたとはいえ、日本はつい最近まで世界第2位の経済大国であり、目の前には巨大な日本語のマーケットが存在していた。現実的に英語に対するニーズは低かったと考えられる。
 最近になって真剣に英語教育が議論され始めているのは、日本の国際競争力が低下してきていることと無関係ではないだろう。

 英語力とGDP成長率にはある程度の相関があることが知られている。つまり英語力が高い国はGDP成長率も高いというわけである。

 国際的な教育関連企業であるEF Education First社が発表している2012年の世界英語力ランキングによると、英語力のトップ5はスウェーデン、デンマーク、オランダ、フィンランド、ノルウェーといった北部ヨーロッパ各国となっている。一方、日本の英語力は世界で22番目。ヨーロッパで最下位レベルのフランス、スペイン、イタリアと近いポジションだ。
 スウェーデンにおける過去5年間の平均成長率は3%、ドイツは1.9%、フィンランドは1.3%となっている。これに対して、イタリア(-0.2%)、フランス(1.4%)、日本(-1.3%)、スペイン(-0.7%)の成長率は確かに低い。

 フランスは日本と同様、英語ができなくても一定以上の経済的地位を確保してきた国の一つだが、最近では英語力の低さが社会問題になっている。フランスでは大学の授業はフランス語で行うことが原則となっているが、その規定の改正が議論されているという。
 一方で、フランス語の軽視は、文化の衰退につながるとして、右派を中心に反対意見も根強い。フランスも日本と同様、製造業の著しい競争力低下が見られることを考えると、国力と英語教育熱というのは反比例するらしい。

 英語教育の是非はともかくとして、どうせ英語をやるのなら、日本もドイツのように製造業が絶好調な時に徹底導入しておけばよかったのかもしれない。だが今となっては後の祭りだ。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

shalegasrig
住友商事がシェールガスで損失。別子銅山から続く「資源の住友」は見直し必至

 住友商事が、米国のシェールガス開発事業で1700億円の損失を計上し、2015年 …

sonmasayosi
ソフトバンクの孫社長がワシントンで講演し、買収の意義を強調。米当局は依然慎重姿勢

 ソフトバンクの孫正義社長は2014年3月11日、米ワシントンで講演し、米携帯電 …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

building2014
4~6月期の法人企業統計。設備投資は冴えず、従業員数も減少

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …