ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教育委員会のあり方やいじめ問題などに関する議論が中心となっていた教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)において、小学校における英語の正式教科への格上げや大学入試でのTOEFL義務付けなどに関する議論が始まった。
 産業競争力会議においても、楽天会長の三木谷氏が英語教育を強化するための緊急提言を行うなど、関連した動きが見られる。

 日本では過去何十年にもわたって英語教育の重要性が叫ばれてきたが、効果的な英語教育は行われてこなかった。
 中国に抜かされたとはいえ、日本はつい最近まで世界第2位の経済大国であり、目の前には巨大な日本語のマーケットが存在していた。現実的に英語に対するニーズは低かったと考えられる。
 最近になって真剣に英語教育が議論され始めているのは、日本の国際競争力が低下してきていることと無関係ではないだろう。

 英語力とGDP成長率にはある程度の相関があることが知られている。つまり英語力が高い国はGDP成長率も高いというわけである。

 国際的な教育関連企業であるEF Education First社が発表している2012年の世界英語力ランキングによると、英語力のトップ5はスウェーデン、デンマーク、オランダ、フィンランド、ノルウェーといった北部ヨーロッパ各国となっている。一方、日本の英語力は世界で22番目。ヨーロッパで最下位レベルのフランス、スペイン、イタリアと近いポジションだ。
 スウェーデンにおける過去5年間の平均成長率は3%、ドイツは1.9%、フィンランドは1.3%となっている。これに対して、イタリア(-0.2%)、フランス(1.4%)、日本(-1.3%)、スペイン(-0.7%)の成長率は確かに低い。

 フランスは日本と同様、英語ができなくても一定以上の経済的地位を確保してきた国の一つだが、最近では英語力の低さが社会問題になっている。フランスでは大学の授業はフランス語で行うことが原則となっているが、その規定の改正が議論されているという。
 一方で、フランス語の軽視は、文化の衰退につながるとして、右派を中心に反対意見も根強い。フランスも日本と同様、製造業の著しい競争力低下が見られることを考えると、国力と英語教育熱というのは反比例するらしい。

 英語教育の是非はともかくとして、どうせ英語をやるのなら、日本もドイツのように製造業が絶好調な時に徹底導入しておけばよかったのかもしれない。だが今となっては後の祭りだ。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

tosho05
株価の刻み幅を10銭単位に引き下げ。これってどういう意味があるの?

 日本取引所グループが、株価の刻み幅を現在の10分の1に縮小する方向で検討を始め …

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …