ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

WHO統計。日本は長寿世界一を何とか維持したが、2位転落も近いか?

 

 世界保健機関(WHO)は5月15日、2013年版「世界保健統計」を発表した。それによると、2011年の日本人の平均寿命は83歳で、スイス、サンマリノとともに世界最長となった。日本は過去20年以上、首位を維持しているが、各国の追い上げが激しく、いつまで1位をキープできるかは微妙な状況だ。

 日本に続いて長寿なのは、平均寿命が82歳のオーストラリア、カナダ、フランス、イタリア、シンガポールなど。さらに81歳でオーストリア、フィンランド、オランダなどが続く。英国は80歳、米国は79歳だった。

 日本は男女総合に加えて女性のランキングでも一位(86歳)だが、男性だけのランキングでは大きく順位を落とす。
 男性の平均寿命は79歳で、日本よりも長生きな国が11もある。日本人男性の喫煙率が高いことが原因といわれるが、男性の方が寿命が短いのは多くの国で共通して見られる特徴だ。

 例えばフランス男性の平均寿命は78歳だが、女性は85歳となっている。イタリアも男性が80歳、女性が85歳である。
 一方、英国は男性が79歳、女性が82歳、アイスランドは男性が81歳、女性が84歳、スウェーデンは男性が80歳、女性が84歳となっており、これらの国は日本やイタリアと比べると男女差が少ない。これだけのデータで断言するのは危険だが、フランス、イタリア、日本は女性の社会進出が進んでいないため、企業における男女の労働条件に大きな違いがある。このことが女性の長寿に大きく関係している可能性がある。

 もっとも女性の地位が低いことが長寿に関係するといっても限度がある。中東のカタールは男性は83歳で世界トップだが、女性は逆に81歳となっており男性の方が長寿だ。中東は女性の立場が非常に低く、生活環境が男性よりも悪いせいかもしれない。

 男女総合、男性、女性すべてのランキングで比較的上位に位置しているのは、オーストラリアとピレネー山脈に位置する租税回避国アンドラである。
 オーストラリアは男女総合では82歳と2位、男性は80歳で4位、女性は84歳で9位であった。アンドラは男女総合では82歳で2位、男性は79歳で12位、女性は85歳で2位となっている。

 日本と同じ寿命の国は2カ国、1歳違いの国は13カ国もあり、この20年間で大幅に増加している。これまで圧倒的な長寿を誇ってきた日本だが、1位の座から転落する日も近いかもしれない。

 ちなみに、ロシアの男性は63歳と非常に短命である。北朝鮮の男性(65歳)よりも寿命が短い。中国は男女総合で76歳、韓国は81歳となっている。
 世界で最も寿命が短いのはアフリカ・リベリアの隣国シエラレオネで男女総合で47歳。コンゴ(49歳)やソマリア(50歳)もそれに近い水準となっている。これらの国々は乳幼児の死亡率が極めて高く、これが全体の寿命を大きく引き下げている。

 - 社会 , ,

  関連記事

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

hasimoto2
橋下氏が慰安婦など一連の発言について釈明会見。だが参院選への影響は必至

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5月27日、日本外国特派員協会の記者会見に臨み、 …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

no image
現役世代の負担増はやむを得ないとする厚労省の調査結果に、疑問の声が大噴出

 社会保障負担の世代間格差について、高齢者・現役世代の別なく負担の増加を受け入れ …

no image
無罪確定の村木氏が厚労省局長に復帰。  だが彼女は決してヒーローではない

 厚生労働省は、10日付けの幹部人事において、郵便不正事件で逮捕・起訴され無罪が …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …