ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状況が好転する兆しが見えてきた。アベノミクスの効果が日本の大黒柱である製造業に波及していくのか市場関係者は注目している。

 内閣府5月17日に発表した3月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比14.2%と大幅増となった。受注額の増加は2カ月連続だが、増加率は2005年4月以来最大となった。企業で設備投資を増やす動きが見え始めた。

 機械受注は、国内の機械メーカーが受注した生産設備用機器の金額を集計したもの。企業の設備投資の動向を反映するため市場関係者の多くが注目している。

 日銀の異次元緩和は為替と株価には極めて大きな影響を与えており、日経平均は半年で7割も上昇した。株高を背景に富裕層の個人消費が動き始め、春になってからは消費拡大の裾野が庶民にも広がってきている。
 一方、日本経済の屋台骨である製造業の状況はさっぱりで、受注は落ち込む一方であった。先月発表された2月の機械受注統計でも、前月比7.5%増にはなったものの、想定の範囲内であり、企業の設備投資意欲が大きく変化した兆候は見てとれなかった。

 だが3月の機械受注の伸びは想定をはるかに上回る数値であり、一部からは、アベノミクスの効果が製造業にも波及し始めた可能性を指摘する声も上がりはじめている。
 業種別では、一般機械、IT、自動車という製造業の主要3業種において、まんべんなく増加が見られた(苦境の電機メーカーはマイナス)。それ以外でも、石油・石炭製品、紙・パルプ、IT、食品などからの受注が増加している。非製造業では、金融、運輸業、不動産、ITサービスなどで増加が顕著だった。

 3月が好調だったことから、その反動で来月の実績は下落する可能性がある。内閣府も4~6月期の受注見通しについては1.5%減とマイナスを見込んでいる。だが、下落後の値が、これまでの平均値を大きく下回らないようであれば、企業の設備投資が底を打った可能性が見えてくる。

 もし設備投資の復活が事実であれば、日本経済にとって非常によいニュースといえる。だが来年には、消費増税という大きな難題が待ち構えている。設備投資が復活してくると、今度は景気の腰折れ懸念が台頭してくる可能性が高い。場合によっては、消費増税の先送り論が激しくなってくるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

usakoyoutoukei201601
米雇用統計は大幅減だが、失業率低下と賃金上昇でインフレ圧力も高い

 米労働省は2016年2月5日、1月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …