ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状況が好転する兆しが見えてきた。アベノミクスの効果が日本の大黒柱である製造業に波及していくのか市場関係者は注目している。

 内閣府5月17日に発表した3月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比14.2%と大幅増となった。受注額の増加は2カ月連続だが、増加率は2005年4月以来最大となった。企業で設備投資を増やす動きが見え始めた。

 機械受注は、国内の機械メーカーが受注した生産設備用機器の金額を集計したもの。企業の設備投資の動向を反映するため市場関係者の多くが注目している。

 日銀の異次元緩和は為替と株価には極めて大きな影響を与えており、日経平均は半年で7割も上昇した。株高を背景に富裕層の個人消費が動き始め、春になってからは消費拡大の裾野が庶民にも広がってきている。
 一方、日本経済の屋台骨である製造業の状況はさっぱりで、受注は落ち込む一方であった。先月発表された2月の機械受注統計でも、前月比7.5%増にはなったものの、想定の範囲内であり、企業の設備投資意欲が大きく変化した兆候は見てとれなかった。

 だが3月の機械受注の伸びは想定をはるかに上回る数値であり、一部からは、アベノミクスの効果が製造業にも波及し始めた可能性を指摘する声も上がりはじめている。
 業種別では、一般機械、IT、自動車という製造業の主要3業種において、まんべんなく増加が見られた(苦境の電機メーカーはマイナス)。それ以外でも、石油・石炭製品、紙・パルプ、IT、食品などからの受注が増加している。非製造業では、金融、運輸業、不動産、ITサービスなどで増加が顕著だった。

 3月が好調だったことから、その反動で来月の実績は下落する可能性がある。内閣府も4~6月期の受注見通しについては1.5%減とマイナスを見込んでいる。だが、下落後の値が、これまでの平均値を大きく下回らないようであれば、企業の設備投資が底を打った可能性が見えてくる。

 もし設備投資の復活が事実であれば、日本経済にとって非常によいニュースといえる。だが来年には、消費増税という大きな難題が待ち構えている。設備投資が復活してくると、今度は景気の腰折れ懸念が台頭してくる可能性が高い。場合によっては、消費増税の先送り論が激しくなってくるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

yahoo
ヤフーがメール「覗き見」広告をスタート。インテリジェンス関係者の間で密かな話題に!

 ヤフージャパンがいよいよ電子メールの内容解析を使った広告戦略を本格展開する。こ …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …