ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状況が好転する兆しが見えてきた。アベノミクスの効果が日本の大黒柱である製造業に波及していくのか市場関係者は注目している。

 内閣府5月17日に発表した3月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比14.2%と大幅増となった。受注額の増加は2カ月連続だが、増加率は2005年4月以来最大となった。企業で設備投資を増やす動きが見え始めた。

 機械受注は、国内の機械メーカーが受注した生産設備用機器の金額を集計したもの。企業の設備投資の動向を反映するため市場関係者の多くが注目している。

 日銀の異次元緩和は為替と株価には極めて大きな影響を与えており、日経平均は半年で7割も上昇した。株高を背景に富裕層の個人消費が動き始め、春になってからは消費拡大の裾野が庶民にも広がってきている。
 一方、日本経済の屋台骨である製造業の状況はさっぱりで、受注は落ち込む一方であった。先月発表された2月の機械受注統計でも、前月比7.5%増にはなったものの、想定の範囲内であり、企業の設備投資意欲が大きく変化した兆候は見てとれなかった。

 だが3月の機械受注の伸びは想定をはるかに上回る数値であり、一部からは、アベノミクスの効果が製造業にも波及し始めた可能性を指摘する声も上がりはじめている。
 業種別では、一般機械、IT、自動車という製造業の主要3業種において、まんべんなく増加が見られた(苦境の電機メーカーはマイナス)。それ以外でも、石油・石炭製品、紙・パルプ、IT、食品などからの受注が増加している。非製造業では、金融、運輸業、不動産、ITサービスなどで増加が顕著だった。

 3月が好調だったことから、その反動で来月の実績は下落する可能性がある。内閣府も4~6月期の受注見通しについては1.5%減とマイナスを見込んでいる。だが、下落後の値が、これまでの平均値を大きく下回らないようであれば、企業の設備投資が底を打った可能性が見えてくる。

 もし設備投資の復活が事実であれば、日本経済にとって非常によいニュースといえる。だが来年には、消費増税という大きな難題が待ち構えている。設備投資が復活してくると、今度は景気の腰折れ懸念が台頭してくる可能性が高い。場合によっては、消費増税の先送り論が激しくなってくるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

towerbridge
英中央銀行がフォワードガイダンスを見直し。これってどういう意味?

 英国の中央銀行であるイングランド銀行は2014年2月12日、金融政策の見通しを …

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

mof03
特定業種だけを優遇する租税特別措置は、法人税減税の効果を半減させてしまう

 財務省は2014年2月、特定業種の税金を優遇する「租税特別措置」の適用件数が2 …