ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状況が好転する兆しが見えてきた。アベノミクスの効果が日本の大黒柱である製造業に波及していくのか市場関係者は注目している。

 内閣府5月17日に発表した3月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比14.2%と大幅増となった。受注額の増加は2カ月連続だが、増加率は2005年4月以来最大となった。企業で設備投資を増やす動きが見え始めた。

 機械受注は、国内の機械メーカーが受注した生産設備用機器の金額を集計したもの。企業の設備投資の動向を反映するため市場関係者の多くが注目している。

 日銀の異次元緩和は為替と株価には極めて大きな影響を与えており、日経平均は半年で7割も上昇した。株高を背景に富裕層の個人消費が動き始め、春になってからは消費拡大の裾野が庶民にも広がってきている。
 一方、日本経済の屋台骨である製造業の状況はさっぱりで、受注は落ち込む一方であった。先月発表された2月の機械受注統計でも、前月比7.5%増にはなったものの、想定の範囲内であり、企業の設備投資意欲が大きく変化した兆候は見てとれなかった。

 だが3月の機械受注の伸びは想定をはるかに上回る数値であり、一部からは、アベノミクスの効果が製造業にも波及し始めた可能性を指摘する声も上がりはじめている。
 業種別では、一般機械、IT、自動車という製造業の主要3業種において、まんべんなく増加が見られた(苦境の電機メーカーはマイナス)。それ以外でも、石油・石炭製品、紙・パルプ、IT、食品などからの受注が増加している。非製造業では、金融、運輸業、不動産、ITサービスなどで増加が顕著だった。

 3月が好調だったことから、その反動で来月の実績は下落する可能性がある。内閣府も4~6月期の受注見通しについては1.5%減とマイナスを見込んでいる。だが、下落後の値が、これまでの平均値を大きく下回らないようであれば、企業の設備投資が底を打った可能性が見えてくる。

 もし設備投資の復活が事実であれば、日本経済にとって非常によいニュースといえる。だが来年には、消費増税という大きな難題が待ち構えている。設備投資が復活してくると、今度は景気の腰折れ懸念が台頭してくる可能性が高い。場合によっては、消費増税の先送り論が激しくなってくるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …