ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億円を目指すとした中期経営計画を発表した。電力や情報システムなどの社会インフラ分野を強化し、海外売上高比率を現在の40%から50%に増やす。

 巨額損失を計上する他の大手電機と比較して日立の経営は順調だが、それは日本型ガラパゴス経営の裏返しでもある。
 保守的な今回の経営計画の達成は比較的容易と考えられるが、それは積極的にリスクを取らず低収益に甘んじる日本企業の姿を象徴しているともいえる。

 日立の2013年3月の決算は、売上高が前年比6%減の9兆410億円、営業利益は2%増の4220億円だった。半導体不況を受けて製造装置の売上げが低迷したほか、中国の建設ラッシュの終了で建機部門の売上げも減少した。また前期に売却したハードディスク部門の売上げがなくなったことも減収要因となっている。製品の単価下落が進んだが、原価低減も同時に進めることで、営業利益は昨年と同水準を確保した。

 日立の事業ポートフォリオは幅広く分散しており、いい意味ではリスク分散になっているが、悪い意味では個別事業の寄せ集めでしかない。現在苦境に陥っている日本の電機業界の中で日立が唯一健全な経営を保っているのは、各事業の関連性が薄いからである。
 プラズマディスプレイに集中投資したパナソニックや液晶に事業分野を絞ったシャープが経営危機に陥っている状況とは正反対だ。

 だが選択と集中を行わないということは低収益の裏返しでもある。日立は連結売上高が9兆円と日本メーカーの中ではグローバルに通用する規模を持つ数少ない企業である(世界レベルでは10兆円規模がないと巨大企業とはみなされない。その意味でシャープやNECは中小企業といってよい)。だが米GEや独シーメンスといった競合メーカーと比較すると、その収益率はあまりにも低い。

 今回の中期経営計画では、グローバルな社会イノベーション事業を強化するとうたっている。中期計計画の資料にはカタカナ文字ばかりが並ぶが、要するに原発、鉄道、情報システムの海外販売を強化するという話である。現在全体の3割程度となっている関連事業の比率を4割まで高め、そのために海外要員を1.5倍に増やすという。

 だが残りの既存事業について大きな変化はなく、3年かけて、現在9兆円程度の売上げを10兆円に、1700億円程度の最終利益を3500億円まで引き上げるというレベルにとどまっている。3500億円の最終利益は2012年3月には実現していた数字であることを考えると、かなり保守的な数字である。
 これは資本市場でグローバルな評価を受けていない日立ならではといえる。もし日立が資本市場でグローバル企業と認識されているなら、この水準の計画では市場からノーを突きつけられてしまうだろう。実際、日本の数少ないグローバル企業であるソニーは、業績低迷を受けて米国の投資家から分社化の圧力を受けている。

 ガラパゴスを象徴でありながらも、相対的には良好な経営を続ける日立。雇用を守っている点では日本経済に貢献しているが、多くの富を日本にもたらしているわけではない。その評価はなんとも難しい。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

sharp
シャープが公募増資を検討中。金額は1000億円と中途半端でやはり抜本解決にならず

 経営再建中のシャープが2013年春にも公募増資に踏み切る可能性が高くなってきた …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

jre235
山手線新型車両E235が連続トラブルで運行休止。原因はソフトのバグと思われるが・・・

 東京オリンピックを見据え、13年ぶりの刷新と鳴り物入りでデビューしたJR山手線 …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …