ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツ軍が無人機グローバルホークの欧州版の導入を断念。欧州飛行許可下りず

 

 ドイツ連邦国防省は、米国製の無人機グローバルホークの改良版であるユーロホークの導入を断念した。欧州航空安全局から欧州空域を飛行する許可が下りないことが直接の原因。ドイツ政府はプロトタイプの購入に5億ユーロを投じており、ドイツ国内で大きな問題となっている。

 ユーロホークは、米国の無人偵察機グローバルホークをベースに欧州向けに改良したもの。エアバスの親会社で欧州最大の航空宇宙企業であるEADS社とグローバルホークのメーカーであるノースロップグラマン社が共同で開発した。

 地上管制システムは基本的にEADS社が開発しており、ドイツは欧州で最初の導入事例となるはずであった。

 ユーロホークはグローバルホークと同様、2万メートル上空から、レーダーと赤外線探知装備などを使って地上にある30センチ四方の大きさのものを識別する能力を持つ。作戦飛行時間は38~42時間で飛行距離は約2万3000キロメートル。グローバルホークは、アフガン侵攻やイラク戦争に投入されたほか、日本の福島原発事故の際に、上空から写真を撮影したことでも有名になった。

 ノースロップグラマン社は多額の開発費を回収するため、同機の海外への売り込みを熱心に行っている。ドイツのほか、韓国や日本などが導入を検討している(本誌記事「米国が韓国に対して無人偵察機販売を決定。だが2倍の価格を吹っかけ韓国側は困惑」参照)。

 無人機をめぐっては、米国でもその使用方法や適用範囲をめぐって議論となっている。諸外国の反応はともかく、米国内ではアフガニスタンなどテトリスとが潜伏しているとされる地域で無人機を使用することについては、ある程度のコンセンサスが得られつつある。
 だが、米国内、あるいは米国人に対する偵察活動に無人機を使用することについては、激しい議論の対象となっている。一部からは市民への監視に無人機が使われるのではないかと懸念する声も上がっている(本誌記事「米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?」参照)。

 欧州において無人機の導入がストップしたことで、無人機導入の是非に関する議論が再燃する可能性も出てきた。

 - 政治 ,

  関連記事

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

merkeru
頑固なオバチャンのメルケル首相。そのルーツは東ドイツとサッカーにあり?

 18日からブリュッセルで開催されている、EU首脳会議で独メルケル首相と仏オラン …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

tocho
都庁職員が猪瀬知事のツイッター活用指示に困惑。なぜ公務員はITを駆使できないのか?

 猪瀬直樹東京都知事が、全部局に支持したツイッターによる情報発信に都庁職員が苦慮 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

koutei
野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWe …