ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャー氏の尖閣諸島に関する発言がいくつかのメディアに取り上げられている。

 時事-尖閣棚上げ望ましい
 産経-日中間には合意があった。基本的には日中間の問題

 外交問題の権威として世界的に有名な氏の発言は、時として各国の様々な立場の人が自説が正しいことの根拠として引用される(本人もそれを良く自覚している)。

 今回の発言も、日中間に合意があり、中国の主張には正当性がないという立場からは、それを裏付ける発言ともとれるし、米国は日本に対して支持を表明することはないと主張する立場からはその根拠にもなる。

 いずれにせよ注意しなければならないのは、この発言が出たのは、ワシントンのシンクタンクが企画した「中国の新しいリーダーシップにおける米国の機会は?」と題するセミナー会場であるということ。
 しかも、キッシンジャー氏の1時間30分にわたる講演の後、質疑応答の時間の最後に、中国系の参加者からの質問に答えたものだ。講演そのものは、終始米中関係を悪化させてはならないというトーンで一貫していた。

 キッシンジャー氏の業績は米国でも極めて高く評価されているが、すでに過去の人(米国人ジャーナリスト)であるのも事実。
  ニクソン政権時代の国務長官であり、年齢は89歳。かつてはカミソリのような切れ味の人物であった。だが、年齢には勝てず、最近では話すスピードがかなりゆっくりで、時々何を言っているのか判別不能なこともある。
 尖閣諸島に関するコメントでは、質問内容を覚えられず、隣のパネリストに「今の質問は何だったっけ?」と聞き、パネリストが延々と説明する状況であった。

 キッシンジャー氏のような人物は、外交関係者の世界におけるセレブ的存在だ。その知名度を生かして、各国で講演をしたり、コメントを残すのが現在の仕事である。

 氏の業績に対して敬意を表することは必要だろうが、過度な評価は禁物である。リアリズムを貫き通したキッシンジャー氏にならって、ここは現実を直視した方がよいだろう。氏の今回の発言は、現在のアメリカにおいてさほど重要視されることはないだろう。

 - 政治

  関連記事

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …