ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャー氏の尖閣諸島に関する発言がいくつかのメディアに取り上げられている。

 時事-尖閣棚上げ望ましい
 産経-日中間には合意があった。基本的には日中間の問題

 外交問題の権威として世界的に有名な氏の発言は、時として各国の様々な立場の人が自説が正しいことの根拠として引用される(本人もそれを良く自覚している)。

 今回の発言も、日中間に合意があり、中国の主張には正当性がないという立場からは、それを裏付ける発言ともとれるし、米国は日本に対して支持を表明することはないと主張する立場からはその根拠にもなる。

 いずれにせよ注意しなければならないのは、この発言が出たのは、ワシントンのシンクタンクが企画した「中国の新しいリーダーシップにおける米国の機会は?」と題するセミナー会場であるということ。
 しかも、キッシンジャー氏の1時間30分にわたる講演の後、質疑応答の時間の最後に、中国系の参加者からの質問に答えたものだ。講演そのものは、終始米中関係を悪化させてはならないというトーンで一貫していた。

 キッシンジャー氏の業績は米国でも極めて高く評価されているが、すでに過去の人(米国人ジャーナリスト)であるのも事実。
  ニクソン政権時代の国務長官であり、年齢は89歳。かつてはカミソリのような切れ味の人物であった。だが、年齢には勝てず、最近では話すスピードがかなりゆっくりで、時々何を言っているのか判別不能なこともある。
 尖閣諸島に関するコメントでは、質問内容を覚えられず、隣のパネリストに「今の質問は何だったっけ?」と聞き、パネリストが延々と説明する状況であった。

 キッシンジャー氏のような人物は、外交関係者の世界におけるセレブ的存在だ。その知名度を生かして、各国で講演をしたり、コメントを残すのが現在の仕事である。

 氏の業績に対して敬意を表することは必要だろうが、過度な評価は禁物である。リアリズムを貫き通したキッシンジャー氏にならって、ここは現実を直視した方がよいだろう。氏の今回の発言は、現在のアメリカにおいてさほど重要視されることはないだろう。

 - 政治

  関連記事

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

mof03
異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後 …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

kerrysensei
親中国派のケリー国務長官が正式に就任。最初の外遊先は中東に決定。

 次期国務長官に内定していたジョン・ケリー氏は2月1日就任宣誓を行い、第68代国 …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …