ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャー氏の尖閣諸島に関する発言がいくつかのメディアに取り上げられている。

 時事-尖閣棚上げ望ましい
 産経-日中間には合意があった。基本的には日中間の問題

 外交問題の権威として世界的に有名な氏の発言は、時として各国の様々な立場の人が自説が正しいことの根拠として引用される(本人もそれを良く自覚している)。

 今回の発言も、日中間に合意があり、中国の主張には正当性がないという立場からは、それを裏付ける発言ともとれるし、米国は日本に対して支持を表明することはないと主張する立場からはその根拠にもなる。

 いずれにせよ注意しなければならないのは、この発言が出たのは、ワシントンのシンクタンクが企画した「中国の新しいリーダーシップにおける米国の機会は?」と題するセミナー会場であるということ。
 しかも、キッシンジャー氏の1時間30分にわたる講演の後、質疑応答の時間の最後に、中国系の参加者からの質問に答えたものだ。講演そのものは、終始米中関係を悪化させてはならないというトーンで一貫していた。

 キッシンジャー氏の業績は米国でも極めて高く評価されているが、すでに過去の人(米国人ジャーナリスト)であるのも事実。
  ニクソン政権時代の国務長官であり、年齢は89歳。かつてはカミソリのような切れ味の人物であった。だが、年齢には勝てず、最近では話すスピードがかなりゆっくりで、時々何を言っているのか判別不能なこともある。
 尖閣諸島に関するコメントでは、質問内容を覚えられず、隣のパネリストに「今の質問は何だったっけ?」と聞き、パネリストが延々と説明する状況であった。

 キッシンジャー氏のような人物は、外交関係者の世界におけるセレブ的存在だ。その知名度を生かして、各国で講演をしたり、コメントを残すのが現在の仕事である。

 氏の業績に対して敬意を表することは必要だろうが、過度な評価は禁物である。リアリズムを貫き通したキッシンジャー氏にならって、ここは現実を直視した方がよいだろう。氏の今回の発言は、現在のアメリカにおいてさほど重要視されることはないだろう。

 - 政治

  関連記事

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

security
オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名し …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

jinminnippou
中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決し …

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …

no image
財務省の調査で地方公務員の厚遇ぶりが明らかに。だが問題の本質はそこではない。

 地方公務員の平均給与が国家公務員を6.9%上回っていることが財務省の調査で明ら …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …