ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経済新聞の報道によると、3年後をメドに国内外で2500人前後いる従業員を10分の1程度に減らす。米ウォルマート向けにテレビを供給している事業も分離を検討しており、三洋電機の中核事業は基本的に消滅させる。

 パナソニックは2011年、大規模な事業戦略の一環として三洋電機の買収を行った。
 当時の三洋電機は、リチウムイオン電池や太陽電池部門で高いシェアを持っており、パナソニックの事業を補完し、シナジー効果を発揮できるとパナソニック側は考えていた。

 だが三洋の買収に要した金額は約7000億円に達し、そのうち5000億円がのれん代であった。のれん代とは、買収された企業の実際の価値と買収価額の差額のことを指す。のれん代が5000億円あったということは、実際の価値である2000億円よりも5000億円高く買ったことを意味している。

 当時から三洋の買収金額の高さは市場で疑問視されていたが、その懸念は現実のものとなった。三洋電機の主力事業であるリチウムイオン電池の売上げ不振が続き、買収した翌年の決算である2012年3月期には約8000億円の巨額赤字を計上、さらに前期決算である2013年3月期も7500億円の大赤字となった(本誌記事「パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま」参照)。このうち、三洋電機の減損分は約半分の7000億円にも達する。つまり、わずか2年で三洋電機の価値はほぼゼロになってしまったのである。

 会計上は三洋電機はすでに消滅しており、今回のニュースはそれが現実的な動きになっただけである。特に大きなサプライズというわけではない。だが三洋電機創業の由来を知る人にはちょっとしたニュースである。

 最近では知らない人も増えているが、もともと三洋電機はパナソニックから分離した会社である。三洋電機創業者の井植歳男はパナソニック(当時の社名は松下電器産業)の元専務であり、パナソニック創業者である松下幸之助の義弟(松下幸之助の妻むめのの弟)であった。
 なぜ井植氏が松下から飛び出したのかその理由は現在でも明らかになっていないが、何らかの不和があったことは間違いないといわれる。分離独立後65年にして元の会社に出戻り、そして消滅した。

 パナソニックは今回の赤字決算で過去の膿はほぼ出し切った。今後同社が本格的に成長するための道筋はまったく見えていないが、営業利益は何とか黒字を確保するまでになった。
 戦後日本の象徴的な存在であったパナソニックが経営危機に陥ったという現実は、日本型の成功モデルが完全に終了したことを意味している。同社の経営危機のきっかけになったのが、終戦直後に分離独立した兄弟会社の吸収合併であったというのは、なんとも皮肉な結果である。

 - 経済 , ,

  関連記事

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

jinminginkou
中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

tanker
ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言を …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …