ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させることを目的とした、成長戦略の第2弾を発表した(写真)。

 安倍氏は講演のかなりの部分を設備投資に関する話題に費やした。かつてのソニーや現在のサムスンなどを例にあげ、経済成長には活発な設備投資が不可欠と指摘。
 今後3年間を「集中投資促進期間」と位置付け、国内投資を促進するため、税制、予算、規制改革といったあらゆる施策を総動員すると強調した。

 安倍氏の発言は、内閣府が5月16日に発表した2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値を強く意識したものだ。
 1~3月期の実質成長率は前期比0.9%増、年率換算では3.5%増と好調だったが、企業の設備投資はマイナスになっている。エコノミストなどからは、日本の産業構造は製造業中心であり、製造業の設備投資が復活しないと本格的な回復とはいえないとの指摘が相次いでいる。成長戦略の第2弾として設備投資の回復を掲げたのは、この懸念を払拭したいとの考えからだ。

 90年代からリーマンショックが起こるまでの約20年間、日本の民間企業は年間約70兆円程度の設備投資を行っていた。だがリーマンショック以降、その水準は60兆円まで下落し、その後復活していない。また政府の公共投資や住宅投資なども含めたすべての固定資本形成額は固定資本減耗額を下回っており、とうとう日本はインフラの劣化が始まった。このままの状態が続くと日本のインフラは近い将来ボロボロになってしまう。
 日本経済が順調に成長していくためには、少なくともリーマンショック前の水準である70兆円程度の設備投資が必要なことは確かである。

  安倍氏の主張では、設備投資を促進させるためにはイノベーションが必要であり、イノベーションを引き起こすためには規制緩和が重要だという。まさに正論なのだが、その方策はというと、何とも具体性に欠ける。水素自動車やビックデータなどを例として取り上げたが、小さな個別事例という印象は否めなかった。
 少なくともアベノミクスの成長戦略においては、小泉政権の時に計画されたような大々的な規制緩和は行われない可能性が高くなってきた。もし似たような戦略が実施されるとするならば、それは「特区構想」という部分的なものになるだろう。

 今回の発表で安倍氏は特区構想については触れおらず、この詳細については成長戦略の第3弾で発表されることになる。もし第3弾の発表における特区構想が小規模なものだった場合、少なくとも諸外国からはサプライサイドの成長戦略を採用しているとは見なされなくなるだろう。日本市場に熱い視線を注いでいる海外マネーの一部は失望して去って行く結果となるかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

woldorfastoria
NYの超名門ホテルが中国企業に売却。だが運営の実態は変わらず

 ホテル運営大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは2014年10月6 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …