ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける「Tumblr(タンブラー)」を買収する。買収金額は11億ドル(約11億2000万円)。昨年7月にマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が就任して以来、ヤフーにとってはもっとも大規模な買収案件となる。

 タンブラーはブログとソーシャルネットワーキング・サービスを融合させたサービスを提供するベンチャー企業。
 若年層を中心に人気が拡大しており、1か月あたり1億人の利用者がいるという。また毎日12万人ずつ会員が増加し、1日に投稿されるブログや画像は500億点にものぼるといわれる。

 現在ヤフー最大の課題はスマホ対応と高齢化対策。ヤフーはネットの世界では完全に老舗企業になってしまっており、利用者の高齢化が進んでいる。またスマホ経由のアクセスが少なく、今後の成長性に疑問符が付いている。タンブラーの利用者はほとんどが35歳以下でスマホからのアクセスも多い。ヤフーは同社の買収で事業構造の転換を図ろうとしている。

 ただこの買収がうまくいくのか懐疑的な見方をする人は多い。同じネット企業で広告収入に依存するといっても、ヤフーのビジネスモデルはあくまで媒体であり、既存の雑誌ビジネスの延長といえる。これに対してタンブラーのサービスはSNSであり、利用者の属性もWeb上での行動様式も異なっている。タンブラーの買収で獲得したユーザーをヤフーにスムーズに展開できるのかは不透明だ。

 またタンブラーの現在の売上げはわずか1300万ドルと少ない。2013年に入ってから収益化を急ピッチで進めているとはいえ、ヤフーの業績に対して、いつどれほどの貢献ができるのか今のところ見通しは立っていない。また若年層ほど広告に対する拒否感が強いといわれていることも、収益化の進展に疑問符が付く理由の一つとなっている。

 ヤフーはタンブラーの買収を現金で実施する。同社は2013年3月時点で約30億ドルの現金(もしくはそれに類する換金性の高い金融商品)を保有しており、その3分の1を買収に費やすことになる。財務的にはまったく問題はないが、もし今回の買収に失敗すると、今後の大型買収案件には大きな影響を及ぼすことになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

tokyowan
12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエア …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …