ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける「Tumblr(タンブラー)」を買収する。買収金額は11億ドル(約11億2000万円)。昨年7月にマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が就任して以来、ヤフーにとってはもっとも大規模な買収案件となる。

 タンブラーはブログとソーシャルネットワーキング・サービスを融合させたサービスを提供するベンチャー企業。
 若年層を中心に人気が拡大しており、1か月あたり1億人の利用者がいるという。また毎日12万人ずつ会員が増加し、1日に投稿されるブログや画像は500億点にものぼるといわれる。

 現在ヤフー最大の課題はスマホ対応と高齢化対策。ヤフーはネットの世界では完全に老舗企業になってしまっており、利用者の高齢化が進んでいる。またスマホ経由のアクセスが少なく、今後の成長性に疑問符が付いている。タンブラーの利用者はほとんどが35歳以下でスマホからのアクセスも多い。ヤフーは同社の買収で事業構造の転換を図ろうとしている。

 ただこの買収がうまくいくのか懐疑的な見方をする人は多い。同じネット企業で広告収入に依存するといっても、ヤフーのビジネスモデルはあくまで媒体であり、既存の雑誌ビジネスの延長といえる。これに対してタンブラーのサービスはSNSであり、利用者の属性もWeb上での行動様式も異なっている。タンブラーの買収で獲得したユーザーをヤフーにスムーズに展開できるのかは不透明だ。

 またタンブラーの現在の売上げはわずか1300万ドルと少ない。2013年に入ってから収益化を急ピッチで進めているとはいえ、ヤフーの業績に対して、いつどれほどの貢献ができるのか今のところ見通しは立っていない。また若年層ほど広告に対する拒否感が強いといわれていることも、収益化の進展に疑問符が付く理由の一つとなっている。

 ヤフーはタンブラーの買収を現金で実施する。同社は2013年3月時点で約30億ドルの現金(もしくはそれに類する換金性の高い金融商品)を保有しており、その3分の1を買収に費やすことになる。財務的にはまったく問題はないが、もし今回の買収に失敗すると、今後の大型買収案件には大きな影響を及ぼすことになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …