ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける「Tumblr(タンブラー)」を買収する。買収金額は11億ドル(約11億2000万円)。昨年7月にマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が就任して以来、ヤフーにとってはもっとも大規模な買収案件となる。

 タンブラーはブログとソーシャルネットワーキング・サービスを融合させたサービスを提供するベンチャー企業。
 若年層を中心に人気が拡大しており、1か月あたり1億人の利用者がいるという。また毎日12万人ずつ会員が増加し、1日に投稿されるブログや画像は500億点にものぼるといわれる。

 現在ヤフー最大の課題はスマホ対応と高齢化対策。ヤフーはネットの世界では完全に老舗企業になってしまっており、利用者の高齢化が進んでいる。またスマホ経由のアクセスが少なく、今後の成長性に疑問符が付いている。タンブラーの利用者はほとんどが35歳以下でスマホからのアクセスも多い。ヤフーは同社の買収で事業構造の転換を図ろうとしている。

 ただこの買収がうまくいくのか懐疑的な見方をする人は多い。同じネット企業で広告収入に依存するといっても、ヤフーのビジネスモデルはあくまで媒体であり、既存の雑誌ビジネスの延長といえる。これに対してタンブラーのサービスはSNSであり、利用者の属性もWeb上での行動様式も異なっている。タンブラーの買収で獲得したユーザーをヤフーにスムーズに展開できるのかは不透明だ。

 またタンブラーの現在の売上げはわずか1300万ドルと少ない。2013年に入ってから収益化を急ピッチで進めているとはいえ、ヤフーの業績に対して、いつどれほどの貢献ができるのか今のところ見通しは立っていない。また若年層ほど広告に対する拒否感が強いといわれていることも、収益化の進展に疑問符が付く理由の一つとなっている。

 ヤフーはタンブラーの買収を現金で実施する。同社は2013年3月時点で約30億ドルの現金(もしくはそれに類する換金性の高い金融商品)を保有しており、その3分の1を買収に費やすことになる。財務的にはまったく問題はないが、もし今回の買収に失敗すると、今後の大型買収案件には大きな影響を及ぼすことになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

no image
過去最高益。業績絶好調のトヨタが抱える、将来への深い悩み

 トヨタ自動車は2014年5月8日、2014年3月期の決算を発表した。本業のもう …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …