ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける「Tumblr(タンブラー)」を買収する。買収金額は11億ドル(約11億2000万円)。昨年7月にマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が就任して以来、ヤフーにとってはもっとも大規模な買収案件となる。

 タンブラーはブログとソーシャルネットワーキング・サービスを融合させたサービスを提供するベンチャー企業。
 若年層を中心に人気が拡大しており、1か月あたり1億人の利用者がいるという。また毎日12万人ずつ会員が増加し、1日に投稿されるブログや画像は500億点にものぼるといわれる。

 現在ヤフー最大の課題はスマホ対応と高齢化対策。ヤフーはネットの世界では完全に老舗企業になってしまっており、利用者の高齢化が進んでいる。またスマホ経由のアクセスが少なく、今後の成長性に疑問符が付いている。タンブラーの利用者はほとんどが35歳以下でスマホからのアクセスも多い。ヤフーは同社の買収で事業構造の転換を図ろうとしている。

 ただこの買収がうまくいくのか懐疑的な見方をする人は多い。同じネット企業で広告収入に依存するといっても、ヤフーのビジネスモデルはあくまで媒体であり、既存の雑誌ビジネスの延長といえる。これに対してタンブラーのサービスはSNSであり、利用者の属性もWeb上での行動様式も異なっている。タンブラーの買収で獲得したユーザーをヤフーにスムーズに展開できるのかは不透明だ。

 またタンブラーの現在の売上げはわずか1300万ドルと少ない。2013年に入ってから収益化を急ピッチで進めているとはいえ、ヤフーの業績に対して、いつどれほどの貢献ができるのか今のところ見通しは立っていない。また若年層ほど広告に対する拒否感が強いといわれていることも、収益化の進展に疑問符が付く理由の一つとなっている。

 ヤフーはタンブラーの買収を現金で実施する。同社は2013年3月時点で約30億ドルの現金(もしくはそれに類する換金性の高い金融商品)を保有しており、その3分の1を買収に費やすことになる。財務的にはまったく問題はないが、もし今回の買収に失敗すると、今後の大型買収案件には大きな影響を及ぼすことになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

toshibakojo
東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

huawei
米議会が華為技術(Huawei)に対する正式な調査報告書を公表。ソフトバンクはどうする?

 中国の通信機器大手、華為技術(Huawei-ファーウェイ)と中興通訊(ZTE) …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

zillow201407
米不動産情報サイト大手2社が、ビックデータ時代を見据えて統合

 米国の不動産情報サイト大手のZillowは2014年7月28日、同じく不動産情 …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

no image
この期に及んでも決められないシャープ。鴻海の郭会長はブチ切れて帰国

 経営危機に陥っているシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の資本提携内容の見直し交 …