ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。いずれも北朝鮮東部から発射され、射程は120キロ程度と米国はもちろん日本にも到達しないレベルのものだった。北朝鮮では軍事訓練の一環としている。

 飯島勲内閣官房参与が北朝鮮を訪問した直後に、対外的にはほとんど影響のないミサイルを発射したことについて、日本側に妥協していないという北朝鮮内部に向けたアピールとの見方が強まっている。

 北朝鮮が飯島氏の訪朝を受け入れた理由は2つあると考えられる。ひとつは拉致問題を交渉材料に日本から何らかの経済的支援を引き出す目的。もうひとつは北朝鮮がもっとも重視している米朝二国間交渉を有利に進めるための揺さぶりである。

  北朝鮮は日米韓のみならず中国まで本格的な経済制裁をスタートさせたことで非常に苦しい立場にある。一方、北朝鮮にとって最大の外貨調達先でもあった日本の朝鮮総連(在日朝鮮人総連合会)も財政的に苦しい立場に追い込まれている。
 東京九段にある朝鮮総連の本部は事実上北朝鮮の大使館として機能してきたが、本部ビルに対する債権を保有していた朝鮮信用組合が破綻したことで、競売にかけられてしまった(本誌記事「東京・九段にある朝鮮総連本部ビルがとうとう競売に。思いのほか建物はボロボロだった」参照)。
 当初は朝鮮総連と関係が深いといわれる宗教法人最福寺の法主、池口恵観氏が約45億円で落札したが、結局購入代金を支払えず、再入札となった。朝鮮総連本体はもちろん、関係者の資金を総動員してもわずか50億円のビルを落札できない状況であり、深刻な財政危機にあることがうかがえる。北朝鮮としては、拉致問題のカードを切ってでも、何とかして日本から援助を引き出したいところだろう。

 日本との対話進展の動きは米朝交渉への揺さぶりという点でも効果がある。日米中韓の4国が結束し北朝鮮に対して厳しい姿勢で臨むというのが、米国の表向きのスタンスだが、ホンネは別のところにある。それはズバリ、北朝鮮との二国間交渉であり、実は北朝鮮側もそれを強く望んでいる。
 だが北朝鮮としては、米国と交渉したいというスタンスを前面に出しすぎれば米国との交渉で不利になってしまう。日本との二国間交渉も可能であることをチラつかせることで、米国の譲歩を引き出したい考えだ。米国側が求めるのは、朝鮮半島の非核化と北朝鮮の市場開放である。一方、北朝鮮側が求めているのは金正恩体制の維持と資金援助である可能性が高い。結局はカネの問題なのである。

 こうした北朝鮮の窮状は、拉致問題を解決したい日本にとっては大きなチャンスである。とりあえず米国側は日本と北朝鮮の交渉の成り行きを静観している(本誌記事「飯島氏訪朝に対して米国はとりあえず静観の構え。米国のホンネはどこにあるのか?」参照)。
 ただ日朝交渉の流れが、米朝交渉において米国側を不利にさせる状況になれば、米国は黙っていないだろう。また北朝鮮に対する支援の内容によっては、北への援助が単なる経済利権と化してしまう可能性もある。
 安倍政権は、米朝関係の進展を見据えた微妙な舵取りが求められている。

 - 政治

  関連記事

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …