ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重厚長大産業。背景には中国をはじめとする新興国の人件費高騰と、米国のシェールガス革命がある。一度は製造業を捨てた米国が再びモノ作り大国に向けて舵を切り始めている。

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)社は2012年、中国に移管していた家庭用電気温水器の製造を再びケンタッキー州ルイビルの工場に戻す決断を行った。
 中国の労働コストが上昇しており、輸送コストを加味すると、以前ほど中国で生産するメリットがなくなってしまったことが主な原因。
 化学大手のダウ・ケミカルはリストラの一環で世界各地の工場を閉鎖する一方、テキサス州には40億ドルを投じて大規模な新工場を建設している。米国産の安価なシェールガスを原料に使いエチレンの米国生産を強化する。

 米国に工場を増設しているのは、米国企業だけではない。英ロールスロイス社はバージニア州に工場を設立し、2011年からジェットエンジンの部品製造を行っていたが、2012年11月には工場の規模を大幅に拡大させた。また独シーメンス社はノースカロライナ州にタービンの製造拠点を設立し、中東やメキシコへの出荷を行っている。トヨタ自動車もケンタッキー州の工場を増設し、高級車レクサスの現地生産を行う事を決定した(本誌記事「円安にもかかわらず自動車メーカーが相次いで国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ」参照)。

 米国ではリーマンショック後、民間企業の設備投資が冷え込んでいたが、2011年にはようやくリーマンショック前の水準まで復活した。海外からの直接投資も増加しており、2012年には約1670億ドル(約17兆円)が米国企業にあらたに投資されている。欧州の景気低迷が続いていることから、製造業全般で冴えない展開が続いているが、米国内の設備投資は着実に増加してきている。

 為替市場ではドル高が進んでおり、米国に製造拠点を設けることは輸出に際して不利になる。だがそれでも米国内での製造を決断する企業が増えているのは、中国をはじめとする新興国の人件費が高騰しているからである。
 特に重電や化学といった重厚長大産業は多数の熟練工を必要としており、ミャンマーやベトナムといった地域にそう簡単に工場を移すことができない。米国は先進国にもかかわらず人口が増加しており、教育された労働者を大量に採用することができる。多くのメーカーが、総合的に見れば米国生産にメリットがあると考えるようになってきている。

 また少し意外なことだが、中東や南米地域では「Made in USA」には高品質というブランド・イメージがあり、販売戦略上有利に働くことも多いという。米国の自動車メーカーはコスト削減を狙って相次いでメキシコに工場を設立したが、最近では、Made in USAのブランドを求めてわざわざ米国産の自動車をメキシコに輸入する業者も増えてきている。

  米国で始まったシェールガス革命はこの動きをさらに加速させることになるだろう。米国は近い将来、世界最大の石油産出国に転じることが予想されている。余った石油は積極的に輸出する方針で固まりつつあるが、それでも石油は余剰気味となり、米国のエネルギー・コストは大幅に低下する可能性が高い。豊富な労働力と増加する需要、これに安価なエネルギー源が加われば、米国での製造を決断する企業はさらに増えてくるだろう。

  米国における製造業回帰の動きはすでに日本メーカーにも影響を与えている。住友化学や三井化学など化学大手は、国内工場の縮小に動き始めている。これまで日本の産業空洞化は電機など軽量な産業分野が中心であったが、今後は意外な分野でも空洞化が進展することになるかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

usakoyoutoukei201508
8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数 …

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …