ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8799億円の赤字となった。貿易収支が赤字となるのは10カ月連続で4月としての赤字額は過去最大。円安が進んだことでエネルギーの輸入価格が上がったことや、輸出数量の減少が響いた。

 輸入額は前年同月比9.4%増の6兆6573億円となり、6カ月連続の増加となった。
 液化天然ガスなどエネルギーの輸入が増加したほか、中国やアジアからの衣類や電子部品の輸入が急増した。アジアからの輸入額は8か月連続で増加しているほか、中国からの輸入額は過去最大(約1兆5000億円)となった。

 一方輸出額は前年同月比3.8%増の5兆7774億円と2カ月連続の増加となった。北米向け自動車輸出が好調だったことや円安の効果が影響した。だが輸入の伸びに対して輸出の伸びは小さく、これが貿易赤字を拡大する原因となっている。

 輸出額の伸びが小さいのは、輸出の数量が減少しているからだ。輸出数量の減少は10カ月連続で2012年2月には対前年同月比15%ものをマイナスを記録した。4月は5.3%減と減少幅は縮小しているが、マイナスが続いていることに変わりはない。円安効果を数量減少が相殺する構図が続いている。
 季節調整済みの数値では、貿易赤字の額は2カ月連続で減少しており、赤字拡大に歯止めがかかってきた兆候もみられる。だが現段階では日本の赤字体質は拡大したままといってよい。

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は、早ければ今年中に量的緩和策からの出口戦略に移行するといわれている。そうなると、さらに円安ドル高が進行してくる可能性が高い。外貨建て取引の比率は輸入の方が高く、円安が継続してしまうと、常に先行して輸入が増加し貿易赤字が減らないことになる。円安効果が後で出てくるという、いわゆるJカーブ効果が成立しなくなってしまうのだ(本誌記事「首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが」参照)

 日本の貿易赤字を安定した状態で推移させるためには、輸出数量の増加と安価なエネルギー源の確保が重要となる。エネルギー源の確保については、すでにいくつかの動きがある。
 米エネルギー省は5月17日、ようやく日本に対する天然ガスの輸出を許可した(本誌記事「米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい」参照)。米国産の安価なエネルギーが安定的に手に入ることの意味は大きい。また政府は石炭火力発電所の環境アセスメント基準の緩和を決定しており、安価な石炭火力の増発がやりやすくなった。これらが複合的に効いてくれば、輸入額の伸びをある程度抑制することが可能となるだろう。

 だが輸出数量の増加は、日本企業の競争力の問題であり、政策的に対応できる余地は少ない。競合が激しい低付加価値製品からは撤退し、高付加価値製品に特化するなどの思い切った経営戦略を各社が採用しない限り、輸出数量の低下傾向は続くと考えられる。

 - 経済 , ,

  関連記事

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

no image
シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載 …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …