ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気の総合判断を2カ月ぶりに上方修正した(写真)。また日銀は5月の金融政策決定会合において、4月に導入した量的緩和策の継続を全員一致で決めるとともに、景気の基調判断を上方修正した。

 株高を背景に個人消費が堅調に推移しており、景気には明るい兆しが見えている。実際、2013年1月~3月期の実質GDPは年率換算で3.5%増と好調な数字だった。だが一方で企業の設備投資は振るわず、個人消費の減速を示唆する指標も出てきている。
 景気が回復軌道に乗っていると判断するのは早計であるにもかかわらず、政府、日銀が相次いで景気判断を上方修正している背景には、来年4月に予定されている消費増の増税がある。

 政府の月例経済報告は、株高という期待感が個人消費を伸ばしているというアベノミクスの基本構造を象徴する内容であった。
 政府の月例経済報告には、基調判断の材料となる個別の評価項目が8つあるが、このうち先月から上方修正したのは4つで、残りは現状維持であった。上方修正されたのは、輸出、生産、企業収益という企業に関する項目が3つ、もうひとつは物価である。

 物価については「緩やかなデフレ状況にある」という表現から「デフレ状況にあるものの、一部に変化の兆しもみられる」に変更となった。だがデフレの状況にあるという文言が示すとおり、物価の下落は今も続いており、上昇に転じたわけではない。

 また企業関連の3指標もかなり危うい状況だ。本当に輸出と生産が回復し、企業業績が上向いているのであれば、すでに設備投資が増加しているはずだが、設備投資の指標は現状維持のままとなっている。企業の業況感についても同様で「改善の動きが見られる」のまま据え置いた。
 これまで長期のデフレだったことを考えれば、設備投資が容易に回復するわけはなく、それなりのタイムラグが発生することはやむを得ないことかも知れない。
 実際、設備投資の先行指標といわれる3月の機械受注統計は前月比14.2%と 大幅増となっている。この傾向が今後も続くようであれば、景気が回復に転じたと判断することも可能かもしれない。だが、現時点では明確に堅調であることが確認できるのは個人消費だけであり、景気判断を変更するのは時期尚早だろう。

 政府が景気判断の上方修正を急ぐのは、来年4月に予定されている消費増税を控え、景気が回復していることを印象づけたいからである。
 消費税法案には付帯条項が付いており、名目で3%、実質で2%程度の経済成長を導入の条件としている。実際にはこの目標を達成しなくても増税できるような曖昧な表現になっているが、ひとつの目安になっていることは間違いない。政府は2013年4月~6月期のGDP成長率の数値を基準に、消費税の増税を判断する方針である。

 現状では次の4半期で名目3%、実質2%の両方を達成することはほぼ不可能である。だが1月~3月期に実質ベースで3.5%成長であったことを考えれば、実質でこの目標を達成することは容易と考えられる(もちろんこの数値はデフレが解消しないことの裏返しでもあるわけだが)。
 また、今年1月に成立した2012年度補正予算(総事業費20兆円、政府支出10兆円の緊急経済対策)はまだ多くが執行されておらず、実際にお金が動き出すのは これからとなっている。公共工事の発注がGDPに効いてくれば、名目成長率もかさ上げできるかもしれない。

 とにかく次の四半期は補正予算の執行で何とか成長率を維持することができるので、それまでに個人の消費ムードが沈滞してしまうことは何としても避けたいということろが当局のホンネだろう。もっとも政府与党内部には、早くも消費税先送り論が出てきており、今後財務省との駆け引きが活発化してくる可能性が高い(本誌記事「見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費税先送り論が台頭」参照)
 このような形で消費増税が決定されてしまうことの是非はともかくとして、日本経済が本当に回復軌道に乗っているのを現状で判断するのは非常に難しい。補正予算というカンフル剤が終了し、消費増税という向かい風が吹き始める来年4月以降になれば、日本経済の本当の姿が見えてくるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

seifusaimu
政府の借金が10倍の8000兆円になる?財務省ビックリ試算の中身

 財務省の財政制度等審議会は、政府が現在の財政健全化目標を達成できたとしても、そ …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

haken
まとまりつつある派遣制度改正の具体案。背景には派遣会社と労働組合の事情?

 労働者派遣制度の改正に向けた具体的な動きが出てきた。これまで特定業種以外では3 …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

amiteji
歴史認識問題について日本に自制を求めるアーミテージ氏の発言をどう解釈すべきか?

 米国のアーミテージ元国務副長官が東京都内で自民党幹部と会談し、歴史認識問題に関 …

koutei
野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWe …

kourousho
社会福祉法人改革をきっかけに、公益的事業全般に関する議論の強化を

 厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会において、介護や保育の事業を行ってい …