ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。

 モスコビシ財務相は、2013年予算案に盛り込まれている増税策について、起業家から不満が殺到しており、修正が必要と示唆した。

 企業家が不満を爆発させているのが、大幅に増額されたキャピタルゲイン課税。企業を売却した際にかかる税金が、従来34%であったものを一気に64%に引き上げるというもの。 「これでは事実上の没収だ」として起業家は猛反発している。

 オランド大統領は就任するや、反企業的なスタンスを明確にしている。今回問題となったキャピタルゲイン課税やPEファンドの報酬に75%の税金を課す法案など「常軌を逸した」改革案を立て続けにブチ上げている。

 あまりの過激な政策に「オランド大統領はフランスから企業をすべて追い出し、経済を破綻させたいのだ」という意見を述べる経済人もいる。実際、多くの起業家がフランスではなくロンドンで会社を設立するケースが増えており、資金の海外逃避も無視できないレベルになってきている。

 今回財務相が提示していると思われる妥協策は、キャピタルゲインのうちフランス国内に再投資したものについては控除するというもの。
 またこの件とは別に、社会保険の企業負担分を軽減し代わりに税金で補填し、企業負担を軽減する案も出ている。

 だが妥協策を講じれば、税収の低下に直結して財政再建が遠のいてしまう。そもそも企業活動が停滞していることが財源不足の原因であり、そこに増税すれば、状況が悪化するのは目に見えている。

 企業活動を活発化させ、経済成長を促進する根本的な策を講じない限り、問題は解決しないのだ。フランスが置かれている状況はまさに日本と同じである。
 これから立て続けに実施されることが予想される日本の増税策の末路は明らかである。

 - 政治, 経済

  関連記事

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

irankakumondaigoi
イランが核問題で米欧などと最終合意。世界経済の安定化要因がまたひとつ増えた

 米欧など6カ国とイランは2015年7月14日、イランの核開発問題について最終合 …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

ryosinei
香港の民主化を求める抗議活動が拡大中。中国は一歩も引かない構えだが

 香港の選挙制度改革を求める抗議活動が予想外の広がりを見せている。当初、セントラ …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …