ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定した量的緩和策の継続を決定した。会合後に開いた記者会見では、金融政策決定会合の内容よりも、急上昇している長期金利に関して話題が集中した。

 黒田総裁は「ボラティリティが高くなっている点は十分に注視していく必要がある」とし、国債の急激な価格変動に対しては一定の懸念を示した。だが、長期金利の水準そのものについては「物価上昇や景気への期待に左右される面が大きい」として、中央銀行が完全にコントロールすることは難しいとの見解を示した。

 市場で価格が形成されているものについては、基本的に市場の価格決定にまかせるのが原理原則であり、急激な変動には対処するという黒田氏の発言は、非常に教科書的なものといえる。だが市場は日銀の強力なリーダーシップを過度に期待している面があり、今回の発言は長期金利の上昇を日銀が許容したと解釈される可能性もある。

 今後は国債の買い入れペースを調整し、弾力的な運用を行っていくとしたが、年間50兆円という金額には変更はないという。ただ、前回の金融政策決定会合の公表資料では、年間50兆円という金額に加えて月額7兆円という数字が盛り込まれていたが、今回の資料からはその記述が消えている。また前回の資料では物価安定の目標を「2年程度の期間を念頭に置いて」としていたが、今回の資料では具体的な記述は見当たらない。状況によっては、オペ期間を前倒しすることに含みを残した形となっている。

 ただ黒田氏が本音では相当な水準のインフレを許容しているのではないかとの噂は絶えない。英国の著名経済誌が黒田氏について「インフレ課税論者」であると評したこともある(本誌記事「黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている。刺激的な英経済誌のコラムが話題に」参照)。インフレ課税論者というのは極端としても、黒田氏にとってインフレを許容するメリットは少なくない。

 黒田氏が政府に対してコミットしているのは物価目標であって経済成長ではない。2%の物価上昇をコミットした以上、あらゆる手段を使って物価上昇を試みるかもしれない。また黒田氏は財務省出身であり、政府債務の圧縮については、強い意志を持っている可能性が高い。インフレによる実質的な債務圧縮以外に抜本的な解決方法はないと黒田氏が考えているのだとしたら、インフレの進行は必ずしも阻止しなければならない事態ということにはならない。

 日銀が金利の安定もしくは低下にどの程度真剣なのかは、今後の具体的なオペの内容で明らかになってくるだろう。もし具体的な買い入れペースや金額に大きな変化がなければ、市場では金利上昇が規定路線になってくる可能性が高い。

 - 経済 , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

chipurasueu
ギリシャが一転、EUが提示した緊縮策を丸飲み。ドイツがそれでも支援に否定的な理由

 債務危機となっているギリシャ支援を話し合うユーロ圏財務相会合が2015年7月1 …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

tokyowan
12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエア …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …