ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的緩和策を当面継続する方針を明らかにした。ただ雇用情勢の改善が見られた場合には資産購入の縮小があり得るとしており、年内には量的緩和策の縮小に動く可能性が高まってきた。

 米国経済は順調に回復してきており、株価は史上最高値圏にある。FRB理事の中からは、これ以上、量的緩和策を続ければ資産価格の高騰を招くとして、早期の縮小を求める声が上がっているほか、バーナンキ氏自身もどのタイミングで緩和策から撤退するのかを探っている状態だ。

 ただ堅調な個人消費に比べると、欧州の景気失速を受けて製造業の指標が冴えないほか、雇用が思ったよりも増加していない。失業率は政治的に大きなインパクトを持っており、バーナンキ氏はこの点を懸念し、早期の縮小には慎重な姿勢を続けている。
 ただリーマンショック直後には一時10%を超えた失業率も現在は7.5%まで回復してきており、タイミングは熟してきているというのが大方の見方だ。

 すでに国債市場では量的緩和の縮小を予想し、長期金利が上昇を始めている(国債価格は下落)。22日の議会証言を受けて市場では国債が売られ、金利は一時2%を突破した。今後は年内縮小を軸に市場で価格形成が行われていくことになるだろう。

 米国が量的緩和策の縮小に入れば、それはドル高要因となり、円は下落する可能性が高い。現在日本でも長期金利の急騰という事態が発生しているが、それが日本の景気回復を示しているのか、財政リスクの増大を示しているのか、その解釈をめぐって市場では見方が分かれている。
 もし米国が量的緩和策の縮小を開始しドルがさらに買われる事態となれば、円が急落して、国債価格がさらに下落する可能性もある。

 日銀による異次元の量的緩和策は、これまでのところ日本国内の問題に完結していたが、ここにきて米国の出口戦略の動向に大きく左右される状況になりつつある。

 - 経済 ,

  関連記事

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

ieren02
米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イ …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

no image
日銀が追加緩和を決定。だが米欧のブッ飛び金融政策にはまったく追いつけず

 日銀は9月19日の金融政策決定会合で、資産買い入れ基金の規模を10兆円増額し、 …