ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的緩和策を当面継続する方針を明らかにした。ただ雇用情勢の改善が見られた場合には資産購入の縮小があり得るとしており、年内には量的緩和策の縮小に動く可能性が高まってきた。

 米国経済は順調に回復してきており、株価は史上最高値圏にある。FRB理事の中からは、これ以上、量的緩和策を続ければ資産価格の高騰を招くとして、早期の縮小を求める声が上がっているほか、バーナンキ氏自身もどのタイミングで緩和策から撤退するのかを探っている状態だ。

 ただ堅調な個人消費に比べると、欧州の景気失速を受けて製造業の指標が冴えないほか、雇用が思ったよりも増加していない。失業率は政治的に大きなインパクトを持っており、バーナンキ氏はこの点を懸念し、早期の縮小には慎重な姿勢を続けている。
 ただリーマンショック直後には一時10%を超えた失業率も現在は7.5%まで回復してきており、タイミングは熟してきているというのが大方の見方だ。

 すでに国債市場では量的緩和の縮小を予想し、長期金利が上昇を始めている(国債価格は下落)。22日の議会証言を受けて市場では国債が売られ、金利は一時2%を突破した。今後は年内縮小を軸に市場で価格形成が行われていくことになるだろう。

 米国が量的緩和策の縮小に入れば、それはドル高要因となり、円は下落する可能性が高い。現在日本でも長期金利の急騰という事態が発生しているが、それが日本の景気回復を示しているのか、財政リスクの増大を示しているのか、その解釈をめぐって市場では見方が分かれている。
 もし米国が量的緩和策の縮小を開始しドルがさらに買われる事態となれば、円が急落して、国債価格がさらに下落する可能性もある。

 日銀による異次元の量的緩和策は、これまでのところ日本国内の問題に完結していたが、ここにきて米国の出口戦略の動向に大きく左右される状況になりつつある。

 - 経済 ,

  関連記事

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

newyork02
米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50. …

satsutaba
スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広 …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …