ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席した。外債の購入を含めた追加緩和措置を積極的に求めていくという。政府要人が日銀の政策決定会合に乗り込むのは、2003年の竹中平蔵氏以来、9年半ぶり。

 日銀はとにかく外部からの干渉を極端に嫌う。

 1997年に改正される以前の日銀法では政府からの介入余地が多分に残されていた。だが、日銀がこれを嫌い、政治家に猛烈なロビー活動を展開した。
 「中央銀行が完全独立していることは先進国の証拠」との主張に、当時の橋本政権はコロっとダマされ、日銀法はあっさりと改正された。これによって現在の日銀は誰からの干渉も受けない体制となっている。

 政府要人の出席は、現在となっては日銀に対する権限のない政府ができる最大限のプレッシャーである。

 だが現在の野田政権は崩壊寸前の状態。とにかく日銀としては、時間稼ぎをして、民主党政権が終了するまで「緩和したフリ」で粘り続けるだろう。
 もっとも次が自民党政権になった場合にも状況が好転するわけではない。首相になる可能性が高い安倍氏は、日銀に対してより強力な緩和を求めている。

 さらにまずいことに、与野党内部には日銀法の再改正を求める声が上がってきている。現在の改正日銀法は、日銀にとってはこれ以上ないくらいの「超」オイシイ利権。何としても手放したくないはずだ。

 足元は緩和したフリで逃げ切るとしても、中長期的には、日銀法改正と引き換えに、しぶしぶ緩和に応じる可能性が高い。
 だがそれまでには時間がかかる。日銀が大胆な緩和策に応じるのは、円安に転じた後というマヌケな状況になるのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

shukinpei03
ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

abe20150814
安倍首相が70年談話を発表。政権弱体化を印象付ける無難な内容

 安倍首相は2015年8月14日、戦後70年談話を発表した。注目されていた歴史認 …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

kyameroneu
EUは英国離脱回避のため妥協。だが国民投票はどう転ぶか分からない

 EU(欧州連合)は2016年2月19日、ブリュッセルで首脳会議を行い、英国のキ …