ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席した。外債の購入を含めた追加緩和措置を積極的に求めていくという。政府要人が日銀の政策決定会合に乗り込むのは、2003年の竹中平蔵氏以来、9年半ぶり。

 日銀はとにかく外部からの干渉を極端に嫌う。

 1997年に改正される以前の日銀法では政府からの介入余地が多分に残されていた。だが、日銀がこれを嫌い、政治家に猛烈なロビー活動を展開した。
 「中央銀行が完全独立していることは先進国の証拠」との主張に、当時の橋本政権はコロっとダマされ、日銀法はあっさりと改正された。これによって現在の日銀は誰からの干渉も受けない体制となっている。

 政府要人の出席は、現在となっては日銀に対する権限のない政府ができる最大限のプレッシャーである。

 だが現在の野田政権は崩壊寸前の状態。とにかく日銀としては、時間稼ぎをして、民主党政権が終了するまで「緩和したフリ」で粘り続けるだろう。
 もっとも次が自民党政権になった場合にも状況が好転するわけではない。首相になる可能性が高い安倍氏は、日銀に対してより強力な緩和を求めている。

 さらにまずいことに、与野党内部には日銀法の再改正を求める声が上がってきている。現在の改正日銀法は、日銀にとってはこれ以上ないくらいの「超」オイシイ利権。何としても手放したくないはずだ。

 足元は緩和したフリで逃げ切るとしても、中長期的には、日銀法改正と引き換えに、しぶしぶ緩和に応じる可能性が高い。
 だがそれまでには時間がかかる。日銀が大胆な緩和策に応じるのは、円安に転じた後というマヌケな状況になるのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

tennoheika04
安倍政権が皇室典範改正ではなく、一代限りの特別法に固執する理由は女性天皇阻止?

 天皇陛下が生前退位のご意向を表明されたことを受けて、国会での論戦が本格化しそう …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

todai
内閣府調査研究。大卒者、院卒者の4人に1人が学歴に見合う仕事をしていない?

 大学生や大学院生の4人に1人が教育過剰(同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

vaticanheri
体育会系にミュージシャンにTV司会者。次期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い

 ローマ法王ベネディクト16世が、2月28日夜正式に退位した(本誌記事「存命中の …

amazonbutsuryu
アマゾンがマーケットプレイス商品もお急ぎ便の対象に。楽天との差がさらに拡大?

 アマゾンがロジスティクスの強化を加速させている。マーケットプレイスの商品につい …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

no image
ヒラリー国務長官、2016年の大統領選挙に出馬の意向?

 ヒラリー・クリントン米国務長官が2016年の大統領選に出馬するとの噂が広がって …

abe
総選挙は自民圧勝。安倍政権で日本はどうなる?政策に関する着目点をまとめてみた

 事前の予想通り、総選挙において自民党が圧勝したことで、永田町では早くも安倍政権 …