ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファンドの存在があるといわれている。だがそれは、世間一般でイメージされているような冷徹で高度なものではなく、素人と同レベルの場当たり的な取引というのが実態のようである(写真はイメージ)。

 今週の日経平均株価は、毎日連騰が続き、少々異常な上げ方であった。その原因のひとつがヘッジファンドによるコールオプションの買いであるといわれている。
 コールオプションとはデリバティブの一種で、簡単にいうと株価が上がると儲かる商品のこと。

 ヘッジファンドはここからさらに株価が上がると信じて、コールオプションを大量に買い込んでいた。一方、コールオプションを売った業者は株価が上がると損をする。ここ数日の急上昇を見て青ざめた引き受け業者は、損失を回避するために自分も買いを入れた。これによって買いが買いを呼ぶ展開となり、日経平均は異常に上昇した。

 ところが23日午後、相場は突然下落に転じた。コールオプションを買っていたヘッジファンドはこのままでは大損してしまうので、こんどはプットオプションを大量に買い込んだ。プットオプションはコールとは逆で、日経平均が下がると儲かる商品である。買いの局面と同様、今度はプットオプションを売った業者は、株価が下がると損をしてしまうため、自分自身も株を売り始めた。結果的に売りが売りを呼び、1000円を超える水準まで暴落してしまったのである。

 これらのやりとりで大きく儲けたファンドや引き受け業者がいる一方で、大きな損失を抱えたところもある。だが両者を分けたのは、行動の素早さと「運」でしかない。いずれにせよ、株価が上がりそうだというので株を買い、今度は下がったというので株を売るという、ほとんど素人と同レベルの取引である。
 ヘッジファンドについては、何やら恐ろしげなイメージを持っている人が多いかもしれないが、その認識は正しくない。すべてのヘッジファンドがこのようなものではないが、中には素人と大して変わらないところも存在するのだ。過剰な恐怖感や警戒感を持つ必要はなさそうだ。

 - 経済 ,

  関連記事

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

gold04
スイスが中央銀行保有資産の2割を金にするという国民投票を実施。現実性は?

 中央銀行が持つ資産の少なくとも20%を金で保有することを問う、スイスの国民投票 …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

nichigin
日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・ …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …