ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済財政相時代の職権乱用に関して事情聴取と家宅捜索を受けている。本人は容疑を全面的に否定しており、当局が起訴するのかについても現段階では不明だ。

 同じくフランス人でIMFの前専務理事であったストロスカーン氏も性的暴行容疑で逮捕され、理事を辞任している(結局起訴はされなかった)。ストロスカーン氏逮捕の背景には大統領選をめぐる権力闘争があったいわれているが、今回のラガルド氏の疑惑についても同様の声が聞かれる。

 ラガルド氏に対する疑惑は、サルコジ政権当時、サルコジ氏に近い実業家ベルナール・タピ氏によるアディダス社の買収と売却が発端となっている。
 タピ氏はスポーツ用品メーカーのアディダスを買収したが、政界進出するにあたり、当時の国営銀行クレディ・リヨネを通じて全株式を売却した。だがタピ氏は、意図的に株を安く売却させられ、自己破産に追い込まれたとして訴訟を起こしていた。
 タピ氏は勝訴し巨額の賠償金を得たが、国は上訴し賠償金は白紙撤回となっている。その後、国とタピ氏は和解し結局4億ユーロ(約528億円)近くの賠償金を獲得できたが、その際、ラガルド氏が調停に介入してタピ氏に有利になるよう取り計らったといわれている。

 ラガルド氏は元シンクロナイズド・スイミングのフランス代表選手。選手引退後は弁護士として働いていたが、シラク政権で初入閣、サルコジ政権では経済財政相に就任していた。その後、ストロスカーン氏のIMF専務理事辞任を受けて、後任の専務理事に就任していた。

 フランスは米国や英国と異なり、れっきとした革命政府の国である。軍の憲兵隊が警察以上の権力を持ち一般市民を逮捕できるなど、共産圏や軍事政権にも通じるカルチャーがある。政敵を逮捕、起訴するといったこともしばしば行われており、サルコジ前大統領も現在、捜査対象となっている。
 ストロスカーン氏は社会党、ラガルド氏は国民運動連合(保守系)の所属。ストロスカーン氏のスキャンダルは大統領選挙出馬をめぐっての権力闘争との噂がある。ラガルド氏についても、政界復帰が噂されるサルコジ氏に近い人物に関連したスキャンダルであることから、政治的な思惑の存在が指摘されている。

 - 政治 ,

  関連記事

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …