ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済財政相時代の職権乱用に関して事情聴取と家宅捜索を受けている。本人は容疑を全面的に否定しており、当局が起訴するのかについても現段階では不明だ。

 同じくフランス人でIMFの前専務理事であったストロスカーン氏も性的暴行容疑で逮捕され、理事を辞任している(結局起訴はされなかった)。ストロスカーン氏逮捕の背景には大統領選をめぐる権力闘争があったいわれているが、今回のラガルド氏の疑惑についても同様の声が聞かれる。

 ラガルド氏に対する疑惑は、サルコジ政権当時、サルコジ氏に近い実業家ベルナール・タピ氏によるアディダス社の買収と売却が発端となっている。
 タピ氏はスポーツ用品メーカーのアディダスを買収したが、政界進出するにあたり、当時の国営銀行クレディ・リヨネを通じて全株式を売却した。だがタピ氏は、意図的に株を安く売却させられ、自己破産に追い込まれたとして訴訟を起こしていた。
 タピ氏は勝訴し巨額の賠償金を得たが、国は上訴し賠償金は白紙撤回となっている。その後、国とタピ氏は和解し結局4億ユーロ(約528億円)近くの賠償金を獲得できたが、その際、ラガルド氏が調停に介入してタピ氏に有利になるよう取り計らったといわれている。

 ラガルド氏は元シンクロナイズド・スイミングのフランス代表選手。選手引退後は弁護士として働いていたが、シラク政権で初入閣、サルコジ政権では経済財政相に就任していた。その後、ストロスカーン氏のIMF専務理事辞任を受けて、後任の専務理事に就任していた。

 フランスは米国や英国と異なり、れっきとした革命政府の国である。軍の憲兵隊が警察以上の権力を持ち一般市民を逮捕できるなど、共産圏や軍事政権にも通じるカルチャーがある。政敵を逮捕、起訴するといったこともしばしば行われており、サルコジ前大統領も現在、捜査対象となっている。
 ストロスカーン氏は社会党、ラガルド氏は国民運動連合(保守系)の所属。ストロスカーン氏のスキャンダルは大統領選挙出馬をめぐっての権力闘争との噂がある。ラガルド氏についても、政界復帰が噂されるサルコジ氏に近い人物に関連したスキャンダルであることから、政治的な思惑の存在が指摘されている。

 - 政治 ,

  関連記事

fokurando
領有権問題が発生しているフォークランドで英国残留を問う住民投票。反対票はわずか3票

 英国が実効支配し、アルゼンチンが領有権を主張している英領フォークランド諸島で、 …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

hageshukinpei201404
中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近 …

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …