ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

次期衆院選のキーマンは実は松山千春だ!

 

 野田政権が解散の引き伸ばしを図る中、新党大地の命名者でもある歌手の松山千春氏の去就が注目されている。

 松山氏は新党大地の鈴木宗男代表から、次期衆院選への出馬を打診されている。松山氏が出馬する選挙区は明らかにされていないが、北海道から出馬するとなると、鳩山由紀夫元首相と同じ選挙区になる可能性が高い。

 現在の民主党の状況と松山氏の知名度を併わせると、鳩山氏が落選する可能性もある。各誌は鳩山氏が絶体絶命と報じている。
 だがこの話にはウラがある。鈴木宗男代表と国民の生活が第一の小沢一郎代表はかねてから選挙に向けて連携していたといわれる。両者がどうしても引き入れたいのが、「金の成る木」である鳩山氏。松山氏への出馬要請は、煮え切らない鳩山氏に対して、「早く合流を決めないと、松山千春を送り込むぞ」というプレッシャーとの見方もある。

 9月末に都内で行われた鈴木氏のパーティに参加した松山氏は、鳩山氏と同じ選挙区には出ない、ともとれる意味深な発言を行った。
 これが個人的な選挙戦略なのか、小沢氏との連携に絡んだ発言なのかは定かではない。小沢氏はかなり劣勢に立たされており、鳩山氏との連携がない場合には、かなり苦しい戦いを強いられる。衆院選のカギは、実は松山氏が握っているのである。

 松山千春氏といえば、毒舌で有名。かつて小室哲哉氏を「あんなヤツ、パシリにもならねえ」と一刀両断。オフコース(小田和正が在籍していたバンド)の解散について「あいつらギャラの配分で揉めたんだよ」と暴露したこともある。

 どうせなら選挙に出て、今回の内幕もどんどんバラして欲しいものだ。

 - 政治

  関連記事

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

rodman
NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデ …

joumuinmember
完全保存版!習政権2期目、政治局常務委員メンバー相関図。習氏の3期続投が視野に

 習近平政権2期目の布陣が明らかとなった。後継候補となる若手は登用されず、習氏の …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

makein
「尖閣諸島は日本の領土である」とのマケイン上院議員の発言はリップサービス?

 米共和党の上院議員で米国の政界に大きな影響力を持つジョン・マケイン氏が8月21 …

kimujonun04
米紙が金正恩ファミリーの海外隠し財産について報道。米朝交渉のための揺さぶりか?

 核問題をめぐる北朝鮮と米国の交渉が動き始めている。北朝鮮はケリー国務長官のアジ …

rikokkyoonnkaho
中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3 …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

mof02
最近の選挙では若手財務省出身議員が増加中。だがちょっと若すぎないか?

 最近の選挙では、若手の財務官僚が政治家に転身するケースが増えてきている。前回の …